closet

『camera+』史上最強のカメラアプリ【完全解説~設定編~】

みなさん、カメラは標準のカメラを使用していますか?それとも何かアプリを使用していますか?私は今まで、標準のカメラを使っていました。撮影後、Instagramなどを利用し写真を加工していたのですが、今日、ご紹介する『camera+』に出会ってからもっぱらこのアプリばかり使っています。

有料(85円)なのですが、一眼レフを使っている友人も舌を巻くほどの仕上がり。これは使うしかありません!機能が盛りだくさんなので、3回に分けてご紹介します。あとには撮影編加工編、と続きます。

20120409-183932.jpg

アプリを立ち上げると、撮影画面が表示されます。このアプリの唯一の欠点は、起動に時間がかかることです。(5~10秒ほどかかるイメージです)のんびり、じっくり撮影する場合に向いているアプリですのでご注意ください。

早速、各項目の説明をします。

20120409-183946.jpg

「フラッシュoff」をタップすると、フラッシュモードの選択が可能です。用途に応じて使用したいモードをタップしてください。

「off」フラッシュなし/「Auto」暗いとき自動でフラッシュ/「On」撮影時、常にフラッシュ/「ライトマーク」常時点灯

画面右上は、カメラの切り換えです。これは標準カメラと同じ仕様です。画面右側のバーをタップすると最大6倍のズームが可能となります。

続いて画面下部です。中央のカメラマークがシャッターボタンになります。こちらも標準カメラと同じ仕様ですね。さらに、シャッターボタンの右側ネジマークをタップすると撮影モードの選択が出来ます。

「Normal」通常撮影モード/「Stabilizer」手ブレ防止モード(シャッターを押してから手ブレが収まったところで撮影されます。使う場面が限られるモードですね)/「Timer」セルフタイマー(5秒、15秒、30秒のカウンターがセットできます)/「Burst」連写モード(シャッターを押し続けている間、シャッターを切り続けます。画像サイズは480px×640px)

さらに、画面右下「MENU」をタップすることで撮影環境の設定が可能です。一度設定してしまえばあまり変更することのない場所なのでもうしばらく頑張って設定しましょう。

20120409-184002.jpg気に入って友達にプレゼントしたい場合は「Gift Camera+ to a friend」を、レビューしたい場合は「Rate/review in App Store」をタップしましょう。

「Volume Snap」をONにすることで、ボリュームボタンでシャッターを切ることが出来ます。このとき、ボリューム+でしかシャッターを切ることは出来ません。なお、音楽をバックグラウンドで聴きながらこのアプリを使う場合、音楽のボリューム調整が出来ません。少しややこしいような気がしますが、ボリュームボタンでシャッターを切ると手ブレを抑えることも出来るのでこれはONにしておくことをオススメします。

「Sound」操作時の効果音のON/OFFが可能になります。ただし、シャッター音は消えません。

「Zoom」OFFにすると、先に紹介したズーム機能が使えなくなります。特に好みがない場合はONのままでよいと思います。

「Grid」ONにすると、垂直水平線が表示されます。こちらもONにしておいて問題ないと思います。

「Workflow」をタップすると、画面が遷移します。

20120409-184027.jpg

「Classic」通常のカメラモードです。

「Shoot&Share」撮影後すぐに編集画面に遷移し写真を加工できるモードです。すぐに写真を共有したい!という人はこちらを選択してください。

続いて「AutoSave」です。アプリを使って撮った写真をどのように保存するかを選択します。

20120409-184040.jpg

「Lightbox」アプリ内に保存します。左下の写真部分をタップするとLightboxというアプリ内専用の写真管理機能に遷移します。ここから編集、カメラロールへ保存、削除等が行なえる仕組みになっています。基本的にはこちらでいいと思います。

「Camera Roll」カメラロールに保存します。標準カメラアプリと同様、撮影後カメラロールに保存されます。このアプリは写真をとるだけに使うという人はこちらを選択しましょう(パソコンなどで写真を編集する人向けという感じでしょうか)

「Lightbox & Camera Roll」両方に保存します。このアプリだけでなく他のアプリでも写真を編集したい場合にはこちらを選択してください。

続いて、「Quality」です。こちらでは解像度の選択が出来ます。

20120409-184056.jpg

「Full」フルサイズで保存です。基本はこちらでしょうか。

「Optimized」縮小して保存されます(長辺が最大1200px)たくさん編集する人などはこちらを選択すると編集における時間が短縮できますね。

続いて「Sharing」です。撮った写真をどこに共有するか設定が可能になります。

20120409-184109.jpg

現状では、twitter、facebook、flickrに対応しています。

最後に「Notifications」です。

20120409-184120.jpg

アプリのアップデート情報やニュース、コンテストを通知してくれる設定です。すべてONにしておきましょう!

以上になります。バージョン3.01にそって説明しました。かなりのボリュームになってしまいましたが、使いこなせると最強のカメラアプリになります。まずは、設定をきちんと行いましょう。次回は、撮影方法をご紹介します。お楽しみに!

『camera+』史上最強のカメラアプリ【完全解説~撮影編~】

『camera+』史上最強のカメラアプリ【完全解説~加工編~】

アプリ公式サイトはこちら(iOS)