closet

夏といえば怪談!妖怪について学べる無料アプリ

夏といえば怪談です。これをご覧になっている皆さんも、テレビで怖いホラー番組を見たり、蒸し暑い夜をホラー小説で涼んだ経験があるのではないでしょうか。もはや、夏にホラーを楽しむのは日本の恒例行事ですが、この度妖怪図鑑の決定版とも言えるアプリがiphoneに登場しました。その名も『世界最恐!妖怪図鑑』になります。

このアプリは、昔話で馴染みの深い妖怪を皮切りに、アマビエやしょうけらといった少々変わった妖怪、口裂け女や花子さん・ゴム人間といった「学校の怪談」や都市伝説に出てくる妖怪を網羅した、いわば現代版百鬼夜行絵巻です。

また、妖怪の特徴やエピソードを画像を交えて詳しく解説しており、妖怪について知りたい初心者から並の知識じゃ物足りない妖怪マニアの方にも堪能できる内容になっていると言えるでしょう。

というのも、監修者には「妖怪界の異端児」こと山口敏太郎氏(作家・ライター・オカルト研究家:妖怪、都市伝説、怪談などに関連する数多くの紹介書籍を著書に持つ。TV番組「やりすぎコージー」への都市伝説の提供や「ビートたけしの超常現象Xファイル」へのレギュラー出演など多方面に活動中)を迎えています。

よって、ファンの方が楽しめることはもちろん、山口氏が自ら現地調査を行い、さらに多くの資料の中から発掘した妖怪たちを目撃証言や分析を交えてご紹介されていますので、自ずとそれら充実した収録記事にも注目が集まります。

では、具体的にどのような記事が収録されているのでしょうか。妖怪の解説も兼ねて、一部情報を記載しましたので(どの妖怪をチョイスするか迷いました……)、どうぞ参考までにご閲覧ください。

◯ざしきわらし(座敷童子):「岩手県を中心とした東北地方一帯に伝わる、幼い子供の姿をした妖怪。旧家に住み着き、時折悪戯をしてみせたり家人の前に姿を現してみたりする。だが、座敷童子は恐ろしい妖怪ではなく、住み着いた家に富をもたらす福の神のような存在だと言われている。

座敷童子が住んでいることで、特に有名だったのが金田一温泉の緑風荘という旅館だった。残念ながら2009年に出火して建物は全焼してしまったが、大火だったにもかかわらず、その日宿にいた宿泊客も店員もみな無事であった。ということは、やはり何らかの御利益があったと言えるのではないだろうか」

いかがだったでしょうか、なかなか興味深い話ですね。他にも、このような妖怪に纏わる情報が豊富に収録されておりますので、気になる方はぜひこの機会に『世界最恐!妖怪図鑑』をダウンロードしてみてください。おそらく、この夏の夜のお供になること間違いなしのアプリですよ。

アプリ公式サイトはこちら(iOS)