closet

LINEタイムラインの使い道が判明!公開範囲がカギ

LINEの新機能「ホーム」「タイムライン」がAndroid・iPhoneに対応して少し時間が経ちました。LINEユーザーのみなさん、タイムラインをどのように使っていますか?

自分の投稿を見ることができる友だちを限定できるということに気づいていない人が案外多いようです。実はここがホーム・タイムライン機能の大きなポイント。誰に投稿を見せるのか自分なりの方向性を決めておくことで、活用の幅が広がるのです。ホーム・タイムラインの公開範囲をまだ設定していない人は「LINEの「ホーム」「タイムライン」がiPhoneでも使えるようになったよ!」記事の設定方法をご参照ください。

公開先をプライベートで付き合っている友達に限定している人がいちばん多いかもしれません。無難な方法だと思いますが、これではFacebookとさほど変わらないのではないでしょうか。これでは「FacebookとLINEのタイムライン、何が違うのか分からない」「どう使い分ければいいのだろうか」という想いが浮かんでくることになります。

■とことん細かく友だちを分類してみる

プライベートな付き合いのある友達の中にも、普段から会っている人もいれば、最近あまり交流がない人もいるでしょう。LINEのタイムラインは親友のみに公開する、のように範囲を狭めておくことで、親しい人どうしの近況把握や悩み事の共有がしやすくなります。

■カップルや夫婦同士だけに

トークとあまり変わらないじゃないか、と思うかもしれませんが、トークで話すほどではないことをタイムラインに投稿することで、ほどよく近況を共有することができます。ホーム画面には自分の極めてプライベートなログが残っていくので、後から振り返るのも楽しそうです。

■あえて仕事関係者のみに公開

日報のような使い方をするという方法も。タイムラインではトーク機能と同様、位置情報の共有や写真・動画をシェアすることができます。タイムラインに投稿することで、トークのように毎回プッシュ通知が来ることなく、1日の行動の流れを記録しシェアしておくことができます。わざわざ連絡するまでのことではないけれども共有しておきたい、そんな時に活用できるでしょう。外回りが多い人や、違うオフィスで働いている人どうしのシェアに良さそうです。

 

ちなみに私は、極めて親しい人のみ公開にしています。ここは譲れない条件。Facebookで友人知人などリアルにお付き合いのある方々と交流している分、LINEは本当に腹を割って話せる人だけに限定しています。あなたはどんな使い方をしていますか?よいアイディアがありましたら、ぜひ教えてくださいね!

 

【LINE最新情報】

※ LINEクーポン登場!全国の飲食店で使えるお得情報

※ LINEスタンプを友達にプレゼントできるらしいけど?

鉢須祐子