closet

LINEの友だち管理機能がかなり使いやすくなりました!

Android版LINEで先行公開された友だち管理機能。これまでは友だちの管理にかなり制限がありましたが、バージョンアップ後は自由度が増してより使いやすくなっています。

■「お気に入り」機能

頻繁に連絡を取る友だちを「お気に入り」に追加することで、「友だち」一覧ページの上の方に表示させることができるようになりました。これまでは一覧から探すのに一苦労しましたが、お気に入り機能の追加でかなり手間が省けると思います。

■友だちの表示名を変更できる!

友だちの名前表示を、自分が分かりやすいように自由に変更できるようになりました。これまでは自分のアドレス帳に登録されている名前が自動表示されるか、友だち自身が登録している名前が表示されていました。分かりやすい名前に変えられるので、検索のときに悩むこともぐんと減るでしょう。

■友だちを非表示にする機能が追加に

これまでは、友だち一覧に表示されないようにするためにはブロックする必要がありました。アップデート後は、ブロックしなくても非表示にすることが可能に。普段はあまり連絡を取らないけれど受信はできるようにしておきたい、という時に使える機能です。企業アカウントなど、自分からトークしないけれど情報は受け取りたいというアカウントに対して使うのもいいアイディアですね。

もちろん、非表示を解除して、再度表示させるように設定変更することもできます。

■自分の友だちを他の人に紹介しやすくなった!

今までは、友だちを紹介するのがなかなか大変でした。同じグループやトークに追加して紹介するか、IDで検索してもらうか、直接会った時に「友だち追加」画面からQRコードやふるふる機能で交換する方法がとられていました。今後は、紹介したい相手とのトーク画面で+ボタンを開き、「連絡先」をタップすると友だちの選択画面が表示されますので、知らせたい友だちを選べばトーク上で紹介することができます。

細部の機能が改善され、ますます使いやすくなったと思います。コミュニケーションツールとしてすっかりおなじみになったLINE。今後の動きにも注目したいと思います。

【LINEの記事】

※ LINE投稿を公開していない友だちとトラブル発生?

※ LINEタイムラインの使い道が判明!公開範囲がカギ

【参考】

LINE公式ブログ:【Android先行公開】友だち管理機能で、よりコミュニケーションしやすくなりました

鉢須祐子