closet

iPhone5の全貌が明らかに!その特徴をザッとご紹介

米Appleが2012年9月12日(現地時間)、iPhoneシリーズの最新モデル「iPhone5」を発表しました。日本では9月21日に発売とのことで、キャリアはau(KDDI)とソフトバンクの2社からの発売になります。

では、気になるその最新モデル「iPhone5」の概要とはどんなものなのか。前モデルiPhone4sと何が変わったのか。ザッとではありますが、その特徴を以下に記したいと思います。

■厚さ7.6mm、本体重量112gの軽量・薄型ボディー

ティム・クックCEOも発表会で「これまでで最も薄く、最も高速で最高のiPhoneだ」と自信を見せているだけに、これまでのiPhoneが重いと嘆いていた人には朗報ですね。iPhone4sは厚さ9.3mm、本体重量は140gでしたが、今回のiPhone5はさらなる軽量化に成功しました。

■CPUに「A6」チップを採用

従来の「A5」プロセッサから処理速度2倍、グラフィックも2倍になっています。

■4インチのRetinaディスプレー(1136×640ドット)を搭載

横幅はiPhone4Sと変わらない58.6mmのまま、縦は9mm長い123.8mmに進化しました。これなら操作もしやすく、今までの3.5インチ画面に不満を抱いていた方にも納得のいくサイズですね。

■LTE通信に対応

高速通信のLTEに対応し、日本ではソフトバンクとauから提供されるようです。

■wi-fiが802.11 a/b/g/n に対応

新たに5GHz帯の周波数に対応(iPhone4sは2.4GHz帯のみ)。これにより、最大で150Mbpsの速度が出るようになりました。

■8メガピクセルのiSightカメラ搭載

ノイズ除去機能やビデオの手振れ補正が強化され、新たにパノラマ撮影機能を備えました。対面カメラは1.2メガピクセル写真と720pのHDビデオ撮影が可能なface time HDカメラです。

■“Lightning”コネクターに対応

これは注目すべき点ですね。これまでの30ピンコネクタよりも小さい8ピンコネクタに小型化されました。より軽く、さらに耐久性もあるとのこと。またリバーシブル設計となっており、差し込む方向を気にせず使用することができます。

■OSは「iOS 6」を搭載

地図アプリのデザインが一新され、Facebook機能の統合、音声認識機能「Siri」の強化など、200以上の新機能が追加されたようです。

ほかにも、ベッドホンジャックが上部から下部に移動。付属のイヤフォンは新デザインでリモコン付き。バッテリーも連続通話で最大8時間(iPhone4sは6時間)もつとのことで、デザイン・機能ともに一新されました。

気になる価格ですが、16GBが199ドル、32GBが299ドル、64GBが399ドルとiPhone4sと同様。国内の価格についての発表はまだありませんが、各キャリアから順次告知されるのではないでしょうか。

より詳しい情報を知りたい方は、Apple公式ページにてその全貌が明らかになっておりますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

※Apple公式ページ、iPhone5についての概要はこちらからどうぞ。

おすすめアプリ

(ライター:柚木深つばさ