closet

iOS6のPassbookってどんな機能?サービス続々開始

※ 2012年9月23日17:59、記事内容を修正しました。ぐるなびPassbookはぐるなびアプリからでなく、ぐるなび公式サイト経由で登録します。誤った内容を記載し、申し訳ありませんでした。

iOS6にアップデートされてから、新たに追加された新機能「Passbook」。みなさん、もうご覧になりましたでしょうか?

Passbookは、搭乗券や映画チケット、お店のクーポンやポイントカードをすべて一箇所にまとめられる機能です。これによってiPhoneひとつだけで、空港にチェックインしたり、映画館に入ったり、クーポンを使うことができるようになります。これでぐっすり寝られる!iOS6の新機能おやすみモードとは、もあわせてどうぞ。

では、具体的にどのように利用すればいいのか。すでに対応している「ぐるなび」を例に説明していきましょう。

まずはぐるなび公式サイトに行きましょう。お店によって、「ご利用可能サービス」欄に「クーポン」を意味するプレゼント箱が表示されているはずです。この目印のあるお店でPassbookの利用が可能、というわけです!

お店を選択した後、スクロールすると「クーポン」ボタンがありますので、そこをタップ。そうすると「Passbookに保存する」の青いボタンが出てきますので、引き続きそこもタップしてください。するとPassbook上でぐるなびクーポンが表示され、右上の「追加ボタン」をタップすることで、Passbookにクーポンが登録されるという仕組みです。

今のところ、日本でPassbookの利用が可能と発表しているのは、「ANA(国際線のみ。10月1日から利用可能)」「ぐるなび(9月20日から対応可能)」「TUTAYA(9月21日からクーポン配信予定)」の3社のみですが、これからPassbookに対応する企業は増えていくものと思われます。

すでに電通がPassbookに対応した企業向け電子クーポン「PASSS(パススス)」の開発に踏み込んでおり、あの大手アプリレビューサイトAppbankでも、Passbook対応事業者を告知すべく大々的に募集しています。

これからPassbookが普及されれば、確実にiPhoneの利便性が高まると言えそうですね。引き続き、各社の対応に注目が集まります。

【iPhone5・iOS6シリーズ】

※ iOS6の地図アプリがヤバいと話題に

※ 知らないと損!App Storeアプリの激しい変化まとめ

(ライター:柚木深つばさ