closet

Appleが地図アプリ技術者を募集中!一方でGoogleMapsアプリ年内登場の噂も…

連日ネットを騒がしているiOS6の地図アプリ「Maps」。シンプルな表示と3D表示は評価したいところなのですが、早期に改善してほしいところがたくさん。正直、ツッコミどころが多すぎてむしろ笑いすらこみ上げてくるレベルです。具体的なツッコミどころについては、「iOS6の地図アプリがヤバいと話題に」「iOS6珍マップシリーズ第2弾!間違い探しができるレベル」をどうぞ。

そもそも、リリース前にAppleは地図のクオリティについて気がついていなかったのかしら…という疑問があったのですが、どうやら早い段階から認知はしていたようです。そして、現在、地図作成の技術者を募集中。Appleのホームページ上に採用募集が掲載されています。アプリの3D表示機能などの技術者を募る内容となっています。これを機に、しっかり使える、信頼できるアプリになればいいなと切に願います…。

地図アプリのヘビーユーザーからは「iOS6前の地図に戻りたい…」という声が多数挙がっています。そんな状況を知ってか、はたまた予測できていたのか、Googleが『Google Maps』公式アプリをリリースするという噂が出ています。

海外のApple情報サイト「Mac Rumors」によると、Googleが公式アプリをAppleに提出したとのこと。審査が無事通れば、クリスマス前にはリリースされるのではないか、と言われています。Googleからの正式発表がないためあくまでも噂ベースになりますが、ネットでは「本当であることを願う!」「早くリリースして欲しい」との声が多数あります。

Appleの技術者増員、Googleの公式アプリリリースに期待しつつ、とりあえずはSafariのGoogle Mapを使うか、他の地図アプリで良さそうなものを見つけて使うという対応で乗り切りましょう。SafariのGoogle Mapを便利に利用するための方法は「iOS6のマップが不便!?取り急ぎの対処法はコレ」をチェックしてみてください。

【参考】

※ Apple:Jobs at Apple

※ Mac Rumors:Google Said to Have Already Submitted Native iOS Maps App to Apple

(ライター:鉢須祐子