closet

個人情報がバレる!? iOS6のfacebook連携に気をつけよう

iOS6から、Facebookとの連携機能がつきました。Safariで閲覧しているサイトをすぐに投稿してシェアできたり、写真をカメラロールから直接投稿できるなど、facebookユーザーにとってはかなり便利に。その一方で注意したいのは、iPhoneの「連絡先」とfacebookの友達情報が同期される可能性があるということです。知らないうちに個人情報が知られてしまっていた、という状況になる前にしっかり設定しておきましょう。およそ1200万件の個人情報流出!不審なアプリはダウンロードしちゃダメ、も要チェックです。

■現在の設定状況を確認してみよう!

画面を下の方にスクロールすると「Facebook」の項目が出てくるので、タップします。

「アカウントの使用を許可するApp」の項目にあるカレンダーと連絡先がそれぞれオン・オフのどちらになっているか確認しましょう。

■カレンダー同期とは?

カレンダーがオンになっている場合、facebookの友達のお誕生日と、参加表明をしているイベントがiPhoneのカレンダーに自動で同期されます。自分でわざわざ入力しなくて済むという点ではとても便利になっています。「勝手にカレンダーに追加されたら困る」という人はオフにしておきましょう。

■連絡先同期とは?

連絡先がオンになっている場合、facebookの友達のデータがiPhoneの連絡先と同期されます。facebookの友達の写真とユーザー名については自動的にアップデートされ、電話番号・メールアドレスについては設定画面の「すべての連絡先をアップデート」ボタンをタップすることでアップデートされます。その際、一時的に連絡先に登録している電話番号とメールアドレスをfacebookに送信することになります。

勝手にアップデートしないで欲しい、連絡先から情報を送るのが嫌だという人は、オフに設定しておきましょう。

■「あだ名で交流しているのに、本名がバレちゃう…?!」

あだ名・ニックネームで対外的に交流している人で、facebookは本名で登録している人の場合、注意が必要です。この新機能によって、本名がバレてしまう可能性があります。電話番号とメールアドレスで認証しますので、facebook側の設定を変更する等して同期されないように工夫する必要がありそうです。

自分のiPhoneは同期しない設定になっていても、友達のiPhoneが同期する設定になっている場合にはあなたのfacebook情報が相手の連絡先情報に同期されることになりますので、注意が必要です。

※ iOS6アップデートの前にやるべき大事な”アレ”とは

おすすめアプリ

(ライター:鉢須祐子