closet

LINE初心者必見!LINEを気持ちよく使うための設定

現在、代表的なコミュニケーションツールの1つとして成長したLINE。タイムラインの導入や企業の公式アカウント、小説の配信など常に私たちを驚かせてくれるサービスを提供してくれますが、やはり基本はメッセージツール。

独特のスタンプが面白く、多用している人も多いと思いますが、意外と見落としている設定ありませんか?今日はLINE初級者がおさえておきたい基本を伝授します。

■LINEはスタンプ以外も使える!

先日、友人と話していたのですが、意外とLINEで絵文字や顔文字が使えることを知らない人が多くて驚かされました。みなさん、スタンプばかり多用していませんか?スタンプで会話がつながることもありますが、メッセージをやり取りしているときに場所をとるスタンプを連打されてしまうと会話の流れをつかみにくくなります。

その場合は、絵文字、顔文字を使いましょう。スタンプ表示の一番左「←」をタップすることで、下部に「絵文字」「スタンプ」「顔文字」のカテゴリ表示に切り替わります。

オススメは顔文字。特殊系の顔文字がデフォルトで内蔵されているのでスタンプと同じぐらい気持ちを表現することが可能ですよ。意外と知らないLINEの裏ワザ!スタンプ整理編、もあわせてどうぞ。

■公式アカウントを追加した場合

公式アカウントの情報はまとめて取得したい、リアルタイムに取得しなくてもよい、という人は通知設定をオフに切り替えましょう。右上の「・・・」をタップして「トーク設定」をタップします。ここで通知を「オフ」に切り替えましょう。

■LINE中毒にならないために

LINEは相手の既読未読が表示されます。急いでいるときのレスポンスとしてLINEを使うのは有効だと思います。しかし、メッセージを確認してしまったがゆえに返事を急がなければと脅迫概念に陥ったことはありませんか?逆に、既読になっているから返事が来ると思っていたのに返事が来ない、そんなジレンマに出会ったことはありませんか?

LINEの既読未読はうまく使いこなす2種類の方法をご紹介しましょう。

(1)そもそもメッセージを確認しない

「その他」→「設定」→「通知」を見てみましょう。たとえば、夜中は一切使わない!そう決めたら「一時停止」をタップしてください。「午前8時まで停止」という設定が可能です。他に、今はどうしても集中したい、そんなときに使えるのが「1時間停止」を使ってみてください。どうしても急いでいる人は電話をかけてくるでしょう。LINEに自分の時間を拘束される必要はありません。

(2)メッセージを通知画面で確認する

「その他」→「設定」→「通知」を見てみましょう。「新着メッセージ」「メッセージ内容表示」をどちらも「オン」にしておきます。こうすることで、メッセージを通知画面上で確認できます。通知画面上で急用でないと判断した場合は、LINEを開かず未読のままにしておくのも手です。ただし、メッセージ内容表示をONにすることで他人に画面を覗かれた場合に内容を見られるリスクもあることをお忘れなく。

以上になります。どれもLINE初心者にとっては覚えておきたいポイントです。ぜひ、取り入れてみてくださいね。

【知っておきたいLINEのあれこれ】

※ LINEの新機能使ってる?シンプルなままが良かったかも

※ iPhone5に機種変更する人必見!LINEアカウントの引き継ぎテク

(ライター名:MASAMI