closet

最新のiPhone5購入意向調査によるとauが優勢

軽くて、薄くて、大きくなったから…。iPhone5を購入したいと考えている人が全体の約3分の1の方がいると調査で明らかになりました。そして、iPhone5を買うとしたら、携帯会社はどちらを選ぶのか…。

インターネット調査のネオマーケティングが実施した「iPhone5購入意向調査」で見えてきたのは、電波がどこでもつながりやすくて月々の料金プランが魅力的なiPhoneをユーザーは求めているということ。特に「通信エリアが広い・つながりやすい」点を重視している人は多く、iPhone5を購入したいと考えている33.7%のユーザーのうち、携帯キャリアはauがいいと答えた人がおよそ半数(48.4%)を占める結果になっています。

もう少し詳しく見てみると面白い結果に。買い替えるならauがいいと回答した理由として多かったのは、順に「通信エリアが広い・つながりやすいから」「もともとその通信会社を利用しているから」「通信速度が早い・インターネットが快適だから」。softbankを選んだ人で多かったのが、順に「月々の利用料金・料金プランが魅力的だから」「もともとその通信会社を利用しているから」「iPhoneといえばその通信会社だと思うから」。

つながりやすさで選ばれるau、積極的な割引キャンペーンと「iPhoneならソフトバンク!」というイメージで選ばれるsoftbankという傾向があるように感じました。iPhone5発売後、どちらの携帯キャリアが通信速度が早いのか比較していた情報も多く出ていますが、実際にはこれまでのイメージを選択基準にしている人が多そう。

現在softbankユーザーの人のおよそ2割が「iPhone5はauで」と回答しているのも興味深い。メールアドレスが変わるのが嫌だという想いよりも、テザリングの早期対応や通信の面で乗り換えたいという気持ちが強いのでしょうか。auユーザーはほとんどがそのままauにしたいと回答しているだけに、softbankはどんどん状況を改善していかなければユーザーが取られてしまう可能性もあります。基地局が増え、本当に電波状況が改善されていくのか注目していきたいところです。

(ライター:鉢須祐子