closet

妊娠のリミット迄「あと●年」!妊娠可能期間がわかるアプリ

10月8日、恵比寿で開催された朝日新聞社ジョブラボ生き方カレッジ「アラサーのための妊活セミナー〜『いつか』のために『いま』考えよう」を取材してきました。

ダイアモンド☆ユカイさんのインタビューセッションや、片桐由起子医師(東邦大学医療センター大森病院)、高井泰医師(埼玉医科大学総合医療センター)による妊活についての講演が行われ、会場には多くの男女が集まりました。

各講演者による話に共通していたのは「妊娠できる時間は限られている」ということ。女性は35歳、男性は40歳がひとつの目安となっています。特に女性の場合、卵子は年齢を重ねるにつれ劣化していくということを意識しておく必要があるそうです。不妊治療をするという選択肢もあるものの、万能ではありません。成功率は決して高いとは言えず、やはり年齢とともに可能性が低下していくのが現実。

現代の日本女性には、人生の選択肢がたくさんあります。それは非常に喜ばしいこと。ただ、もし将来、妊娠・出産を希望しているなら、年齢を考慮した人生設計をしておいた方がよさそうです。まあ、私のような未婚者にとっては「結婚すらしていないのに!」という気持ちになってしまいますが……。

先ほど、妊娠時期の目安は女性で35歳、という話をしました。これはあくまでもひとつの基準。妊娠可能期間を知らせてくれるiPhoneアプリ『The Wonder Clock』の場合、44歳を妊娠可能な最終年齢と位置づけています。そして、あとどのくらい時間が残されているのかをカウントダウンしていきます。このアプリの制作者であるミラ・カドゥーラさん自身、30歳の時に産婦人科の医師から「出産を希望するならそろそろ考え始めたほうがいい」と指摘されたそう。それがきっかけで、このアプリが作られました。

アプリの機能は至ってシンプル。ダウンロード後、自分の生年月日を登録するとカウントダウン画面が表示されます。実際、秒や分の数字が変化していくのをじっと眺めていると、正直、心の中にじわじわと焦りが……。

ただそれ以上に、人生にはチャンスを得られるタイミングが限られている物事もあるのだということを実感させてくれるいい機会になっています。

自分の人生には有限のことがあるということを知らせてくれる一方で、大きなストレスになるという指摘や、個人差を考慮していない時計であり遺憾だという意見も数多く寄せられているそうです。

自分の人生計画を立てる時や、夫婦間でライフプランを考える時、なかなか結婚に踏み切れないカップルが次に進みたい時などに、ひとつのきっかけとして活用してみてはいかがでしょうか。

■ AppStoreでダウンロード

 

【妊活にオススメのアプリ】

妊娠もダイエットも時期が鍵!自分を知ってカイテキ女子管理

妊婦さん必見!母子手帳もアプリでつける時代に?女性必見アプリ!女性ならではのリズムを親切にサポート

10万人利用の生理記録サービスがiPhoneアプリになった!

日記・スケジュール・アルバム、さらにメディカルケアまで! 女性に必要なすべてがつまったアプリ!

引き締め効果アリ?女子の強い味方「つぼ」専用アプリ

 

【参考】

A Woman’s Biological Clock

 

(ライター:鉢須祐子