closet

意外と使える!100円ショップに並ぶスマホグッズ最前線

新しいスマホをゲットすると、気分がアガってついアクセサリーも衝動買いしちゃうこと、ありますよね。しかし量販店のスマホグッズって、種類も豊富だけど結構高い。アプリがいくつも買えちゃう価格帯です。

とはいえ、液晶保護シートやカバーなしで持ち歩くのは、傷や故障が心配。そこで、庶民の味方100円ショップをめぐり、安くて使えるスマホグッズの今を追ってみました。

●ダイソー

まずはおなじみ、ゆりかごから墓場まで、必要な全てがそろう100円界の定番王「ダイソー」に潜入。それは電子機器コーナーの一角にありました。

様々な素材のカバーと液晶シート…サイズ的にiPhone向けがメインみたいですが、さすがにiPhone5対応グッズは見当たりません(売れ筋で品切れ中の可能性もありますが)。

またそんな中、他と比べてちょっと重厚感あるケースを発見。

見れば、その商品だけ「本革・1050円」の値札が。高っ!と、100円マジックでつい割高に感じちゃいますが、牛革製品で1050円。ちなみに別のフロアにある家電量販店では、見た目そっくりなレザーケースが2980円で売ってました。まさに、どちらで買うかはアナタ次第、という状況です。

また印象的だったのが、iPhoneやAndroidの入門書まで完備されていること。厳選されたアプリ情報が100円で手に入るなんて…ペーパーメディアもワンコインの時代なんですね。

●Seria

続いて、ナチュラル系雑貨が揃う「Seria」へ。買うだけで家庭的になれそうな雑貨とテーブルウェアの競演を前に、場違いを感じたデジタルグッズが、隅に小さく固まっていました(憶測です)。

しかし少数精鋭の言葉どおり。中でもスマホスタンドに関しては、いずれも小技が光り、どれを買おうか迷ってしまいます。ケーブルを接続したまま設置できる商品、立てた状態で画面操作がしやすい商品、先端がキラキラジュエリーな吸盤タイプなどもあります。さすが100円界のセレクトショップSeria。機能美を持たぬ商品は扱わない、という気概を感じます。

さらにSeriaといえば、各種ストーンやレース、スイーツといったお洒落なデコパーツにも定評あり。スマホだってクラフト派という方は一見の価値ありです。

●キャン☆ドゥ

キャンとドゥに挟まれた☆がポップですね、と「キャン☆ドゥ」店内を見渡せば…いきなりギガキュン!乙女心を撃ちぬいたのは、便利グッズを押しのける勢いで並ぶファンシーグッズたち。レッグマネキンが置かれた100円ショップなんて、初めて見ました。取材を忘れてフットケア商品買いこみたい。第一印象なかなかです。

さらに店内マップを見ると、すでに「スマホグッズ」がコーナー化されているという先見性。おかげで店員さんに案内してもらうことなく、設置場所にたどりつけました。

特設コーナーを銘打つだけあって、ズバ抜けて種類が豊富です。ソフトケース、スタンド、タッチペン、小型スピーカー、ヘッドフォンにコードリール…そしてその多くは、ちょっと懐かしさ漂うPANTONEなカラーバリエ。言ってみれば、100円界の女子ゲーです、まさに。いかにも100円商品なアイテムはイヤという方、まずはキャン☆ドゥへの寄り道をお薦めします。

 

100円スマホグッズ最前線、いかがでしたか?100円ショップもスマホ市場の興隆に注目し、新しいアイテムをどんどん追加しているようです。次回は、これら100円スマホグッズを実際に使ってみた試用レポートをお届けしたいと思います。

【スマホグッズシリーズ】

※ ピンクとドットで女子力アップ!「InRed」コラボのモバイルバッテリー

(ライター:鈴木めぐみ)