closet

アナログ手帳×Evernote究極の融合!「Moleskineスマートノートブック」が登場

手帳でじぶん管理、していますか?


偶然見つけた素敵なお店にチェックインしたり、ふと浮かんだアイデアをメモしたりと、日常のさまざまなことを記録して整理するのに、スマホは本当に便利です。

でも、電源不要で思いついたらパッと開いて書き込める、アナログノートのコストパフォーマンスも捨てがたい。そのためビジネスシーンでは、いまだスマホと手帳の両方を携帯し、TPOに応じて使い分けている、という方も多いと思います。

クラウドコンピューティングが常識となったいま、それぞれの利便性を生かしながら、最終的にはデジタルで一括管理できれば合理的ですよね。

そこで、今月発売されたばかりの「Evernote スマートノートブック by Moleskine」にズームイン。Moleskineって、よく雑誌で紹介されてる手帳の?そう、その機能性とデザイン性の高さに、世界中のクリエイターが愛用しているイタリアの手帳ブランドです。この製品は、話題になった「SHOT NOTE」のように、手描きメモを簡単にデジタル化できるスマホ連携モデルなんです。

表紙に刻印された「Evernote」のアイコンが、タダ者ではない(手帳です)ことを、さりげなくアピールしています。使い方はシンプル。この手帳に文字やイラストを手描きしたら、Evernoteのページカメラ機能で取り込みたいページを撮影するだけ。撮影の際の傾きや歪み、コントラストなどが自動補正され、クリアな画質でEvernoteへ保存されます。

さらに、付属のスマートステッカーをページに貼っておけば、撮影時にEvernoteが勝手に認識して、タグ付けまで済ませてくれて楽チンです。

スマートノートブックは、有楽町LOFT内のMoleskineアトリエ店か、公式オンラインショップで購入できます。ラインアップは、ラージ(3,150円)とポケット(2,205円)の2サイズ、ページスタイルは横罫と方眼の2タイプ、計4種類です。いずれもEvernoteのプレミアムアカウント3か月分(1,350円相当)が付属。スマホでEvernote使うなら、プレミアム機能があったほうが絶対便利なので、これはオトクだと思いました。

なお、ページカメラ機能はiOS 5対応Evernote 4.4より搭載された新機能なので、ご使用の際はアップデートをお忘れなく。Android対応アプリは近日リリース予定とのことです。

※ Evernoteでダイエット管理できちゃう公式アプリが出ました!

おすすめアプリ

■ 公式オンラインショップへ

■ AppStoreでダウンロード

(ライター鈴木めぐみ)