closet

LINEスタンプだけで会話が成立するか試してみた

メッセージツールがメールからLINEへと移行している今、改めてLINEの楽しさは何かを考えてみました。豊富なスタンプを見ながらふと思ったことは、「スタンプだけで会話が成り立つのか」ということです。

無料のスタンプだけでどこまで会話が成り立つのか、妄想も含めシュミレーションしてみました。

■プレゼントをおねだりしてみる

お願いってうるうるとした瞳で見つめられたら反則だ、と大抵の男性は言います。そんなうるっとした瞳でおねだりしてみましょう。もし、駄目だと言われてしまったら、泣いて逃げ出します。きっと、そんなあなたのご機嫌をとるために、プレゼント買ってあげるよ、と言ってくれるはずです。

→おねだりをするときは、なるべく可愛らしいスタンプを使いましょう。

■仕事まだ終わらないのー?

ダメだと思いつつも、ねぇねぇ、まだ終わらないのー?とちょっと覗き見してみましょう。やんわりと彼は仕事中だと言ってくるでしょう。でも、終わったよ、急いで帰るよ!のスタンプが来たら最大限の喜びを伝えてみてください。きっと熱い夜が待っています。

→会えることが最大の喜び!と伝わるような情熱的なスタンプを使いましょう。

■遊びに誘ってみる

デートの計画を立ててみましょう。映画は?カラオケは?スポーツは?など問いかけたときに帰ってくる返事のスタンプで行きたい具合を把握してみてください。嫌だ、にも色々な種類があることが分かるはずです。言葉で「嫌だ」と伝えるよりも、具体的にどのくらい嫌なのか、が露骨にわかってしまいますね。

→喜怒哀楽は程度によって使い分けてみましょう。

有料スタンプを購入すれば、会話の幅はもっと広がります。しかし、無料のスタンプだけでも十分に会話ができることがお分かりいただけたのではないでしょうか。喜怒哀楽を表現するときに、具体的なイメージが掴みやすいスタンプを駆使して、LINEを彩りよく、より感情に訴えるやりとりをしてみてはいかがでしょうか。

【LINEスタンプいろいろ登場!】

LINE新スタンプが8種類!クリスマス&お正月限定バージョンは必見

LINEにカカオに!無料スタンプが毎月発行される贅沢アプリ

(ライター:MASAMI