closet

みんなはどうしてる?年末大イベントの実態に迫る

11月に入り、年末イベントが少しずつ近づいてきています。ハロウィンが終わったら街のBGMはクリスマスソングに変わりました。そして、年内に絶対終わらせておきたいあのイベント、「大掃除」も迫ってきています!大事なスマホもクリーナーで丁寧に磨いたり、カバーを買い替えたり、またはアプリの整理をして新年を爽やかに迎えたいものですね。

今日は、そんな「大掃除」にまつわる最新の調査結果を一部ご紹介します。「なるほどー!」と思ってしまう情報が満載ですので、要チェックですよ!

ショッピングブランド「SHOP JAPAN」を展開する株式会社オークローンマーケティング(本社:名古屋市東区、代表取締役社長:ハリー・A・ヒル)は、年末の大掃除シーズンを前に、20歳~49歳の既婚女性630名を対象として、『2012年末大掃除事情・意識調査』を実施しました。

■1:2012年の年末、実際に大掃除をする人はどのくらい?

2012年の年末について、自宅の大掃除をする予定と回答した既婚女性は、84.8%という結果になりました。また、2011年の年末に自宅の大掃除をした人は73.8%で、4人に3人は大掃除をしたことがわかりました。

実際、今年大掃除をやると答えた人でどれだけの割合の人が大掃除をやるのでしょうか。

年代別で見ると、特に20代では、今年は大掃除をしようと考えている割合が89.5%と高いことがわかりました。

また、「2011年に大掃除をしていない」と答えた人の大掃除をしなかった理由として、「時間がなかったから」が43.0%で最も多くなりました。続いて「面倒だったから」(32.7%)、「普段から大掃除をしていて、改めて掃除をする必要がなかったから」(25.5%)などが多く挙げられました。

年代別の理由では、20代・40代が「時間がなかったから」、30代は「面倒だったから」が最も多く挙げられました。特に、「面倒だったから」と回答した割合は20代で18.5%ですが、30代では41.0%と一気に高まることがわかりました。20代から30代にかけて、生活の変化がうかがえます。

さらに、年代別、勤務形態別で見ると、30代専業主婦では、大掃除をしない理由を「掃除が嫌いだったから」(23.8%)と答えた人の割合が高くなっていることがわかりました。

■2:大掃除にかける日数は「2日」、時間は「5時間以上」でまとめて!

大掃除にかける日数は、去年も今年の予定も変わらず2日が最も多く、続いて1日という結果になり、1日か2日で終わらせると答えた人が約半数を占めます。また、1回にかける時間も去年、今年と「5時間以上」が最も多く、短期間でまとめて終わらせる傾向が見受けられました。

年代別では、20代が1日で終わらせると回答した割合が多く、30代と40代は2日かけて大掃除するという回答が最も多くなりました。

■3:夫が大掃除をする家庭は57.6%で、半数以上!

夫が大掃除をする家庭は57.6%で、しないと回答した家庭(42.4%)を上回りました。また、夫が大掃除をすることに対して、どう思っているかの回答では「手伝うというより進んでやってくれるので嬉しい」が31.7%で最も多く、次点で「とても助かる」(30.0%)が続きました。夫が大掃除をしてくれることに対して多くの妻は感謝していることがうかがえました。

一方、夫の大掃除への貢献度を尋ねると、平均が43.5%とあまり高くない結果となりました。妻からは、「旦那は片付ける部分を徹底的にどかすだけどかして、あとは私任せ。片付けようとする意欲はいいけど、やるなら最後までやってほしい」や「夫に大掃除を任せたところ、一見するとキレイになったが、押入れを開けたら、雪崩のように物が落ちてきた」などのコメントが寄せられており、夫のその場しのぎの片付けを見抜いているようです。

去年の大掃除で気になったが掃除しなかった場所では、「天井・壁」や「網戸や窓」が多く挙げられました。また、夫に大掃除をやってもらいたい場所の回答では、「網戸や窓」と答えた人が48.3%と半数近くなり、面倒だと思っている場所を夫に押し付けたいという妻の心理が見受けられました。

感謝はしているものの、大掃除での夫の働きへの評価は手厳しいということですね。

■時間がかかりそうな天井や壁、網戸や窓の大掃除にオススメなのは?

多目的ハンディクリーナー「シャーク スチーム ポータブル」:付属のアタッチメントが豊富で、汚れの種類や場所に合わせてヘッドの取り替えが可能です。壁や天井などの広い場所はもちろん、窓のサッシやタイルの継ぎ目などの入り組んだ場所までスチームが入り込み汚れを拭き取れます。さらに、専用アタッチメントを取り付ければ、スチームアイロンとしても使用できます。

2013年1月7日まで「スクレーバー」プレゼントの大掃除応援キャンペーン実施中!

いかがでしたでしょうか?旦那様が大掃除をやってくれる家庭が半数以上とは驚きでしたね。あなたのご家族ではどうでしょうか?アプリの整理も大事ですが、わが家の整理整頓も忘れずに、家族で協力して行っていきましょう!