closet

歴女を極める!旧国名パズルで日本の歴史がより身近に

「歴女」という言葉がすっかり定番になりましたが、みなさん歴史に興味はありますか?水戸黄門が好きで、司馬遼太郎の作品が好きで、戦国武将が好きで、お城が好きで、などそれぞれ切り口があるかと思いますが、より一層歴史を好きになれるアプリ『旧国名パズル』にチャレンジしてみませんか?

あの「あそんでまなべる」シリーズです。過去には、歴女の次は地理女?脳トレにも最適な世界地図アプリが登場 も紹介してきました。早速見ていきましょう。

歴史を感じさせる字体、壁紙に仕上がっています。「ゲーム」をタップしてスタートさせましょう。

トレーニングモードでは、国名と境界線があります。しっかりとここでマスターしましょう。ベーシックモードでは国名のみあります。トレーニングモードで練習していても、意外と境界線を頼りにしていた、なんてこともあるので、要注意です。エキスパートモードではヒントがない(国名も境界線もない)です。国名からなんとなく位置を連想している部分もあるので、これはかなりレベルが高いです。

国のパーツをスワイプさせながら該当の場所へ持っていきます。正解だとカチッと収まり、違うと弾かれます。うろ覚えな歴史の記憶を呼び起こし、讃岐うどん=香川県、など国名がないとまったく正解を出すことができません。

クリアするのに5分以上もかかってしまいました。しかし、旧国名はこんなに多かったのか、と再認識するとともに、やはりパズルという点が面白く、またチャレンジしてみたくなります。

結果は、Twitterで共有できるとともに、ワールドランキングへの送信も可能です。意気揚々と送信してみると、なんと!1818位!!!上位は1分以内でクリアしています。ここまでくれば、完璧に覚えられるでしょう。

以上になります。旧国名パズルで日本の歴史を再確認してみませんか?また、設定で英語モードにも切り替えることができますので、日本が大好きな観光客に試してもらうのも面白いかもしれませんね。これはどこの都道府県?お子さんと遊びながら学べるアプリが秀逸、もあわせてチェックしてみてください。

■ AppStoreでダウンロード

■ GooglePlayでダウンロード

(ライター:MASAMI