closet

依存で妄想や幻覚が見える!? 『スマホ依存度チェック』

テレビ番組で脳科学者が話した「インターネット依存症は、脳が退化し、重度の症状になると妄想や幻覚が見える」というショッキングな話がネットで話題となっています。この話によると、重度の症状は、攻撃性が増し、社会性が失われ、「覚せい剤中毒とほぼ同じ」で、そうなったら隔離しないとダメだとのことです。

これは極端な例ですが、1日ネットに触れなかったらイライラしてしまう、なんてことはありませんか?イライラや不眠が増したら「中毒」の初期段階とのこと。

さらにスマートフォンはインターネットができる携帯端末ですから、持ち運びがしにくいパソコンと違い、どこでもネットができてしまうところが、この「中毒者」をさらに増やしてしまいそうな危険をはらんでいます。

とくに、スマートフォンの女性の利用者は急増しているそうです。女性利用者は1年前と比較して16~19歳で7.5%→36.6%、20代で20.5%→39.1%、30代で11.6%→26.1%、40代で7.2%→18.6%、50代で5.4%→14.0%と、どの年代でも2倍近く増えていたとの調査結果があります。

私のまわりでも「スマートフォンは自分だけのパソコン」と言っている友だちもいます。今までデスクトップ型のパソコンを家族と共有していた層の人間まで、24時間自分だけが使えるパソコンを手に入れることが容易になったということでしょう。

そうなると、スマートフォンと上手に付き合わないと、いつの間にか「インターネット依存症」の領域に入り込んでしまう危険があります。

「いや、私は大丈夫!」そう思っているあなたも、『スマホ依存度チェック』アプリでいちど自分の依存度をチェックしてみてはいかがでしょうか。

この『スマホ依存度チェック』は、クイズや問題ではなく依存度を純粋に測定するアプリです。質問は10問。順番に応えていくと、スマホ依存度がわかります。

私もチェックしてみましたが、結果は「化石並みに依存なし!」でした。

スマートフォンは危ないという警告を最近よく見かけるようになりましたが、必要以上に怖がることはありません。使い方を間違えなければとても便利なツールです。しかし、そのツールに依存しすぎていないか、ときどき冷静な目で自分の生活を見つめなおし、チェックすることも必要です。

スマートフォンと上手につきあい、楽しいスマホライフを送りましょう!

■ GooglePlayでダウンロード

【関連記事】

※ あなたは大丈夫!? 目の下のクマはスマホが原因かも

【参考】

※ スマートフォン利用実態調査 2012 -デジタル・アドバタイジング・コソーシアム株式会社プレスリリース

※ 「インターネット依存症」日本国内に270万人脳が退化「妄想や幻覚を見る」は本当か-JCAST

(ライター:栗山佳子