closet

これは大変!LINEの裏側を数字で見てみたら

有名アニメや企業キャラクターなどのスタンプがどんどん登場して、ますます楽しくなる「LINE」のスタンプ。スタンプは「LINE」人気の立役者でもあるのですが、このスタンプが何種類ぐらいあるかご存知でしたか?

今回は数字で見る「LINE」の裏側とその周辺事情について調べてみました。

「LINE」のスタンプは現在3200種類にものぼるそうです。また各170円で販売されている有料スタンプの売り上げは、9月で単月3億5000万円を突破したとのこと。すごい人気ですね。

さらに、もうひとつあるのが「スポンサードスタンプ」。最近ではコカコーラやコアラのマーチスタンプが出ましたが、企業とお友達になると無料で利用できるスタンプ。いわゆる広告の一種なのですが、その料金は4週間の掲載期間で1000万円なのだそうです。

その金額にもビックリなのですが、その広告枠は年内すでに満杯なのだとか。

企業からの人気のヒミツのひとつには「LINE」のアクティブユーザー率の高さがあるのかもしれません。月間のアクティブユーザー率は86.1%、1日あたりのアクティブユーザー率も50.0%に上るそうです。しかもユーザーは3週間に500万人ペースで増え続けているのだそうです。

さて、次は「LINE」の周辺を見てみましょう。

ヤフーが資本提携を発表した「カカオトーク」、DeNAがリリースした「comm」が同種のアプリとして有名ですが、このほかにもスタンプ機能があるメッセンジャーアプリが続々と登場しています。「comm」については、LINEのライバルアプリをDeNAがリリース!高品質な無料通話がウリ、でご紹介しました。

■『Cubie』

Cubie Inc.制作の友だちと楽しく絵を描ける無料メッセージアプリ。NTTインベストメント・パートナーズ(株)が10/31に、出資することを発表しました。

iPhone版ダウンロードはこちら

Android版ダウンロードはこちら

■『Balloon』

(株)Nagisa制作の無料チャットで簡単に音声も送れるアプリ。スタンプと音声スタンプがあります。

iPhone版ダウンロードはこちら

■『hottoLINE』

jig.jp制作の2人だけのペアを作ってクローズドなチャットを楽しめるのが特徴のアプリです。

iPhone版ダウンロードはこちら

Android版ダウンロードはこちら

今回は「LINE」の爆発的人気を数字で見てみました。いかがでしたか?人気のすごさがわかっていただけたかと思います。また、同種のアプリも続々と登場していますので、周辺事情についてもご紹介してみました。スタンプやメッセージ機能を備えているところは共通していますが、それぞれ特徴があります。「LINE」との違いをチェックしてみるのも面白いかもしれませんね。

【意外と知らないLINEのワザ・ネタ】

※ 意外と知らないLINEの小ワザ!友達整理編

※ 意外と知らないLINEの裏ワザ!グループトーク編

【参考】

 LINEとニコ動が提携!? 2大国産プラットフォームが見据える世界展開とは-INTERNET Watch

(ライター:栗山佳子