closet

音声入力であなたの声を彼に届けよう!LINEやメールでも『Simeji』

メールにLINEにTwitterにと、スマホで文字を入力する機会は多いですが、頻繁に使用する文字入力画面こそ、スマホ女子らしくこだわりたいですよね。

私がスマホを購入してまずインストールしたのが、今回ご紹介する『Simeji』です。毎日使うものだけに、好きな背景にできるところがいいですよね。

最初は「かわいい」という見た目から使い始めたのですが、絵文字、顔文字、テキストスタンプ(アスキーアート)が入力できるところなど、機能的にもとても充実しているのが使い続けている理由です。また、スマートフォンユーザーに人気のフリック入力に加えて、ケータイ入力や、2回タッチで入力できるポケベル入力をサポートしているところもすごくうれしいですね。

そんな、大変お世話になっているアプリなのですが、この『Simeji』が新たに「録音入力機能」を搭載したらしいということを聞きつけたので、早速試してみました。

入力キーボードの上にあるボックスアイコンをタップすると表示される3つのアイコンのうち、いちばん右にある吹き出しマークをタップすると録音画面に変わります。

中央の三角ボタンをタップすると録音が開始されるので、スマホに向かって話します。終了したらもう一度ボタンをタップ。録音内容を「確認する」で聞いてみることもできます(録音可能時間は15秒)。

ボタンの下にある「変換する」をタップすると、もとの入力画面に戻り、URLが入力されています。

音声録音には『Simeji』が必要ですが、送信相手は『Simeji』をインストールしていなくてもOK。表示されているURLをタップするだけで、だれでも音声を聞くことができます。

忙しい彼に「お疲れ様」「おやすみ」と、あなたの声を届けるなんていうのもいいですね。もちろんメールの他、LINEやTwitterなどにも使えるので、今から始めれば目立つこと間違いなしですね。様々なシーンで使え、考え方によってはいろいろと応用が利きそうで楽しみです。

よく、大切なメールは保存したりスターをつけたりするものですが、大事なあの人の声を保存していつでも聞けるようになると考えたら、なんだか、すぐに使ってみたくなりませんか?まずは自分の声から送るようにしましょう。お誕生日祝いのメッセージを自分の声で離れた家族や友人に送るのも喜ばれるかもしれませんね。

スタンプや写真とも、文字や通話とも違う新しいコミュニケーションの形、と言えるのではないでしょうか。もちろん全て無料で利用できます。電話するほどではないけれど既成のスタンプなど画像では物足りない場合、あなただけの音声を切り取ってメッセージとして送る。受け取ったほうは感激すること間違いなしですね!

Androidユーザー羨望のアプリ『Simeji』に追加された今回の「録音入力機能」、さっそく試してみたくなりませんか?動作もサクサクで使い方も簡単、ぜひ一度チェックしてみてください!

■ GooglePlayでダウンロード