closet

今年を彩った人気アプリトップ3から振り返るアプリ事情

気付けば2012年もあと僅か。振り返ってみると、今年はスマホ業界も特に躍進と活気を見せた1年と言えるのではないでしょうか。

そこで今回は、Androidのアプリをあらゆる面からランク付け!今年を彩ったアプリを考察してみたいと思います。オリジナルなテキストスタンプでメールも!可愛い入力キーボードにアレンジできる『Simeji』、もあわせてどうぞ。

上半期人気アプリトップ3

第1位『LINE

第2位『ジョルテ

第3位『JuiceDefender – battery saver

(参照 andronavi)

言わずと知れた無料通話&IMアプリ『LINE』が堂々の1位。「AppBank」の「ベストiPhoneアプリ【2012年上半期】」の1位にも選ばれるほど、誰もが認める人気ぶりと言えますね。

スマホを持ったら始めに入れておきたいのが、2位に選ばれているシステム手帳アプリ。中でもこの『ジョルテ』はGoogleカレンダーとの同期など、使い勝手の良さから選ばれているようです。

第3位の『JuiceDefender – battery saver』は、世界中から高評価を得ている実力派バッテリー管理アプリです。スマホならではの悩みを解決してくれる、これまた欠かせないアプリですね。

11月の人気アプリトップ3

第1位『無料通話-comm(コム) もっとつながる、高音質。

第2位『魔法のロッカー MagicLocker

第3位 『CommuniCase

(参照 andronavi)

11月のランキングは、王道の『LINE』を抜いて『comm』が一気に1位へランクインしています。因みに、10月のランキングでは『LINE』は3位となっていました。これは『LINE』が普及しきった事を表しているのでしょうか?はたまた――…?話題性などによる一時的な人気かどうかは、次回のランキングに注目が集まりますね。

2位はロック画面をカスタマイズできるアプリが。3位には複数のメールアカウントが一括チェックできるNTTドコモ公式のマルチアカウントメーラアプリがランクインしていました。

 Google playの人気の新着アプリトップ3

第1位『LINE POP

第2位『LINE Play

第3位『LINE ホームランバトルバースト

新着トップ3は全て『LINE』関連のゲーム系アプリです。シンプルが売りだった『LINE』ですが、果たしてこの展開は吉と出るか……注目も高まるところです。後を追う『comm』の動向も気になるところですね。

『LINE』を始めとしたSNS系アプリは今後どう発展していくのか。また、スマホを快適化するマストアプリ系も利便性の向上が期待されます。

来年はどんなアプリが注目を集めるか楽しみですね!

※ LINEにはない機能で勝負!『カカオトーク』土屋アンナでCM開始

(ライター: *RUI* )