closet

今秋話題のドラマ『私が恋愛できない理由』のように、恋愛に悩む女性たちをサポートするアプリ特集【その1】

香里奈さん、吉高由里子さん、AKB48の大島優子さん。三人の中であなたは、誰タイプ?

月曜の9時は街からOLが消える

90年代、『東京ラブストーリー』や『ロングバケーション』といった”月9ドラマ”の影響によって、よく耳にしたこの言葉。直球の恋愛ストーリーを描くドラマにOLはもちろん、全世代の女性が夢中になったのではないでしょうか?
しかし、それから十数年たった現代はというと、当時とはまったく真逆の”恋愛超氷河期”と言われるほど、”恋愛できない女性たち”が急増しています。

女性の社会進出が進む一方で、仕事と恋愛の両立が難しくなってきたこともひとつの原因かもしれませんね。
でも、実際は「面倒くさいから」「無理したくないから」「傷つくのが怖いから」など、恋愛はしたいけど、積極的になれないといった理由から、”恋愛できない女性たち”が増えてきているような気がします。

そんな、”恋愛できない女性たち”の実際のエピソードも交えながら、男、セックス、仕事、恋愛、結婚、などといった、女性なら誰しもが直面するすべての悩みを描くドラマ『私が恋愛できない理由』が、今秋の注目ドラマとして話題になっています。

「私もこんな恋がしたい~!」と、憧れながら感情移入してしまうような内容が定番だった”月9ドラマ”ですが、今回の『私が恋愛できない理由』は、さまざまなタイプの女性が幸せな恋愛に巡り会うため、直面する悩みに真っ向からぶつかっていく、フジテレビの”月9ドラマ”史上、もっとも異色な等身大ラブストーリーとなっています。

香里奈さん、吉高由里子さん、AKB48の大島優子さんという、今、最も旬な女優三人が中心となって、本当の幸せを探していく姿を映し出す物語。

App Woman読者のみなさんの中でも、つい共感してしまうという方もいるのではないでしょうか?今回は、それぞれまったく別のタイプを演じる三人の役柄別に”恋愛できない女性たち”をサポートするアプリを紹介していきたいと思います。

サバサバとした性格のため、女性扱いされることに違和感を持つ、香里奈さん演じる『藤井恵美』。

勝気でプライドが高く、高い理想を常に追い求めている、吉高由里子さん演じる『小倉咲』。

まじめでしっかり者だけど、恋愛になると奥手で重いと言われてしまう、大島優子さん演じる『半沢真子』。

さて、あなたは一体どのタイプ?

藤井恵美(香里奈さん)タイプ

「男っぽい性格で女扱いされないけど、本当はひとりの人間として認められたい。そして本当の恋をしたい。」「人を異性として好きになるというのはどういうことなのか?」といった、思春期のような悩みを持つ恵美。

「長い間、恋愛をしていないから恋の仕方を忘れた。」「トキメキがまったくない。」といった状況から、いきなり恋愛をするのは難しいですよね。そんな状況の中、いざ、恋愛をしてみても気付けば戸惑いと混乱の連続…なんてことになってしまうかも。

まずは、『恋愛ニュース+』で、恋愛に関する記事やコラムなどを読んで勉強しつつ、恋愛力をあげてみることから始めてみませんか?
「あたしもこんなことがあった~!」といった感じで、昔の恋愛やトキメキを思い出すことが最初は肝心です。

恋愛ニュース+

感情をうまく出せず、特に恋愛になると本音を言えないことが多い恵美。
同時に、相手の本音もわからなかったり、一人で勝手に勘違いしてしまったりと空回り。
そんな自分の本音が出せない、相手の本音が読めない、ということで悩んでいるときにアプリを利用してみるのもいいかもしれませんね。

「おもしろいゲームがあるけど、やってみる?」といった感じで、何気なくこの『本音サーチャー』を見せてみては?
診断結果を見ながら「本当にこんなこと思っているの~?」なんて笑いも含めながら軽い感じで聞いてみると、恵美のような女性でも普段はなかなか聞けない相手の本音も、なかなか言えない自分の本音も、少しは言いやすくなるのではないでしょうか?

本音サーチャー

流行りの”女子会”なんかより、仕事仲間たち(恵美以外は全員男性)と居酒屋で飲むのが大好き。咲に無理矢理誘われて行った合コンでも「とりあえず、生で。」という一言に、男性側が一瞬沈黙になるなど、とにかくモテなんかそっちのけで、お酒が大好きな恵美。

これだと“酒豪な女性”という印象だけしか残りませんが、この『飲み会ふるまいレベルアップ』を使って、お酒の場でのマナーを心得てみてはどうでしょうか。
実はビールの注ぎ方が上手!なんていう、ギャップがあるだけで印象は随分変わってくると思います。

飲み会ふるまいレベルアップ

さて如何でしたでしょうか?引き続き小倉咲編、半沢真子編も公開していきますのでお楽しみに。

(ライター:LISA