closet

既読を回避!意外と知らないLINEの裏ワザ

ユーザー数も、早々と1億人突破し、今年も勢いが止まらないLINE。

楽しいゲームもたくさん増えて、メッセージに通話、遊びにと日常のコミュニケーションの大半がLINEだという人も少なくないと思います。

LINEは、相手がメッセージを読んだら、”既読”と表示されるようになっているので、読んだかどうかが確認できてとても便利ですね。しかし、相手が読んだかどうかわかることが便利な反面、”読んだのバレてるから、急いで返信しなきゃ”と強迫観念に迫られた経験がある人も少なくないのではないでしょうか。

”返事はすぐに返せないけど、メッセージだけ確認しておきたい!” そんなときに役立つ裏ワザ、相手に既読であることを伝える”既読マーク”を付けずにメッセージを読む方法をご紹介したいと思います。

■その1:LINEのポップアップ通知を表示させてメッセージを読む

LINEアプリを起動せずに、通知ポップアップで見る方法です。そうすることで、既読にしないでメッセージを読む事ができます。

設定は、LINEアプリ→【設定】→【通知】をオンにします。

【新着メッセージ】や【メッセージ内容表示】もオンにしておくようにします。

設定すると、このようにLINEのポップアップ通知が画面上に表示されます。起動せずに表示されたメッセージを読んでいれば、既読がつくことはありません。

■その2:LINEを起動せずにメッセージを読む

こちらはiPhone版の設定方法になりますが、まずは、iPhoneの【設定】→【通知】→【LINE】→【通知センター】をオンにします。

設定ができたら、iPhoneホーム画面の上部にある時計のあたりから、下に向かって指でスワイプするだけです。

カレンダーやアプリなど、iPhoneで通知設定しているものがまとめて表示されますので、それを見ることができます。

【LINE】のところを見れば、誰からメールが来たかがわかり、30文字くらいまで読むことができます。メッセージの全文を読めるわけではないので、内容の重要度までは確認できませんが、”この人のメッセージは早く返さなきゃ!”というときに、便利ですよ。

 「LINE初心者必見!気持ちよく使うための方法」も参考にしてみてくださいね!