closet

話題が無くて沈黙の車内…を避ける画期的なアプリ登場

ドライブは大好きですが、彼や家族ならまだしも、同僚、上司など、あまり親しくない人と同乗しなければならないとなると、密室空間に漂う重い沈黙に、とても気まずくなってしまいます。そんなとき『ドライブトーク』アプリをインストールしておくと強い味方になるかもしれません。

『ドライブトーク』は日産自動車がプロデュースするアプリ。同乗している人数、性別、相手との新密度など、様々なシチュエーションを設定でき、拍手などの効果音を鳴らすこともできます。また昨年10月に募集した「イケてるドライブトークネタ」の中から選ばれた話題や、英語版のネタが新たに追加され、ますます充実した内容になったとのこと。早速内容をみてみましょう。

たとえば、憧れの彼との初めてのドライブデート。まだそんなに親しくはないので、「親しくなりたい」でハート1つを選択してみます。最初の質問は「1番好きな鍋を教えてください」「1日だけ犬か猫になれるなら、どっちを選ぶ?」「学生時代に遭遇したすごい先生について語り合おう」などといった質問が続きます。

ハート2つでは「今までに聞いたことのある”上手いこと”を披露しよう」「”これを実現したらノーベル賞!”なことって何だと思いますか」「朝起きたらまず何をしますか?」と続き、ハート3つを選択すると「グッとくる異性のしぐさは何ですか?」「好きなクルマは、どのようなタイプですか?」「雨の休日の楽しみ方を教えてください」といった質問が表示されました。

これらの話題は「お気に入り」に入れたり「ボツ」にしたりできるので、自分用にカスタマイズすることが可能です。さらに自分で質問を作成することもできます。

「やーだ、アプリにこんな質問がでてきちゃった」とアプリのせいにして、普段聞けないことを彼に質問してみるのもいいかも。

そのほか、「こんな時に!ドライブトーク講座」というサイトも用意されていて、そこでは「大遅刻!彼女が鬼化!大変だ」「目指せ助手席クイーン」「カタブツの部長と社内会議だ」などといった6つのドライブシチュエーションを紹介しています。

ドライブへ行くことが決まったら、『ドライブトーク』をインストールし、事前にカスタマイズしておくと安心ですね。盛り上がれば大成功だし、万が一バツが悪くなっても、すべてアプリのせいにできるところがいいかも。

さまざまなシチュエーションに応じて、豊富な話題を提示してくれるので「ハジメマシテ。」な人とも、盛り上がることマチガイなしとのことですから期待が持てます。アプリを使えば使うほど自分好みに話題が充実していく画期的なこちらのアプリ、ドライブが決まったらぜひチェックしてみてくださいね!

■ AppStoreでダウンロード

■ GooglePlayでダウンロード