closet

大和なでしこ必須の知識!地震の時の料理ワザを身につけるアプリ

closetメンバーのappleyukoです。ライフラインは、電気→ガス→水道の順に復旧すると言われています。限られたエネルギーやグッズ、水や食料を有効活用した省エネクッキングで3日間〜1週間を乗り切らねばなりません。地震災害対策アプリはこれまでにいくつかご紹介してまいりましたが地震大国日本に生まれた大和撫子たち!イザという時に役立つ料理ワザを身につけておきましょう。

■知恵と工夫が詰まったサバイバルクッキングで家族を守 りましょ!

グラッと来てもあわてない!!手元にある限られた食料やグッズを活用したり、冷たい配給食料を工夫して、被災時とはいえ人間らしい温もりある食卓で家族の笑顔を生みだすことが大切ではないでしょうか!限られた状況、食糧で生き抜くための料理ワザをイラストつきでわかりやすく紹介してくれるアプリです。日頃から“何気なく”用意しておきたい防災グッズ・お役立ち小物を学ぶにもピッタリ。

■被災時には、ごくごく普通のご飯とおかずが、なによりのご馳走になる!

被災時には、料理や手間のかかる料理やなど作っていられません。ごくごく普通のご飯とおかずこそが、何よりのご馳走になるはずです。そして大事なことは、食中毒などの二次被害を起こさない、衛生面に注力した料理法が大事。

具体的かつ実践的な被災時の料理本として役立つこと間違いなしです。アルミ缶を利用した携帯ランプ、コンロやカマドの作り方など、参考になるイラストをも満載!

■『地震の時の料理ワザ』 目次

序に代えて―― グラッと来てもあわてない!!
第1章 その時あわてないために
【体験的防災術と被災時の食糧確保】
心肺蘇生法とふとんのかぶり方
台所の安全ポイント
日常生活の中の避難具(アルミ缶で作るランプ)
キッチンの中のお役立ち小物
水は最後までリサイクル
日常が非日常になった日から

第2章 電気が復旧するまでの1週間
【省エネクッキングでサバイバル】
災害時に元気の出るごはん
食中毒を防ごう
ライフラインがとだえた時、アウトドアの知識を生かそう
(カマド、炭コンロの作り方)
配給品のリフォーム料理
・のせのせパン
・パンのどんぶり
・パラパラチャーハン
省エネルギーの食事作り
・乾めんの省エネ茹で
・乾めんのバチ汁
・おいそぎ汁
・トマトにゅうめん
・ミネストローネ
・ブロッコリーの蒸し煮
・厚手の鍋で炊くごはん
・すいとん
・ありものすいとん(うどん仕立て)
・パンケーキ
・おかずいりパンケーキ
食品のストックを活かす
・乾物サラダ
・ワカメコーン
・きりぼし大根のマヨあえ
・ワカメ寒天サラダ
・乾物食品の煎り煮(きんぴら 高野豆腐)
缶詰の話
煎り豆、ようかんなど豆製品のすすめ
生ものを上手に使う
・生肉を漬け込む
・野菜炒め(漬け込み肉を使って)
・ひき肉のそぼろ
・そぼろじゃが
・ハムのスープ煮
・牛乳煮
・キャベツ&ソーセージ煮
・野菜を生で保存する法
・野菜を煮て保存する法
・野菜を漬けこんで保存する法

第3章 やっと電気が来た!
【電気の復旧は日常性生活の第一歩】
『炎のない調理システム』のすすめ
・電磁調理器
・電子レンジ
・オーブントースター
電子レンジで簡単にできるインスタント夜食
・あべ川もち
・チーズぞうすい
・トマトぞうすい
・コーンスープ

書籍でも販売されている内容です。有料アプリ(450円)ですが、アプリで購入するほうが書籍よりぐっとお安いし、いざという時にスマホが手元にあれば、活用できること間違いなし!『地震の時の料理ワザ 』を身につけ、大和撫子の底力で乗り切るべし!

■ AppStoreでダウンロード

 

(ライター : appleyuko