closet

節約上手になれる!レシートを撮影するだけで家計簿ができるアプリ

普段、あまり物を買わないようにしているつもりでも、欲しい物を目にした途端、つい衝動買いをしてしまう女子は多いですよね。かと言って、いざ節約しようと思っても、何から手をつけていいのか分からない。

挙げ句、今月もまたお金を使い過ぎて、財布の中身は空っぽ……。増えていくのはお札ではなくレシートの数々、なんて経験は誰しも少なからずあることです。

しかし、そんな心配事も今日でおさらば!このアプリを使えば、お金のやりくりが苦手な方でも節約上手になれるかもしれません。そこで今回は、スマホのカメラで「パシャッ」とレシートを撮るだけで家計簿ができるアプリ『ReceReco』をご紹介します。

いざ家計簿をつけるとなると、市販のものでは項目があり過ぎて面倒、といった方は多いのではないでしょうか。ですが、このアプリなら買い物レシートをカメラで撮影するだけで、瞬く間に家計簿が出来上がります。

では一体どんな感じに仕上がるのか、試しに私もやってみました。すると、いつどこで何を買ったのか、その品目と値段が一瞬にして表示されてビックリ!まさにレシートに書かれている情報が丸々アプリに読み取られて、思わず感動してしまいました。なんでも、レシートに記載されているお店の電話番号を写すと、そこで買い物をした店舗名が自動補完される仕組みとのこと。

※撮影する際は、レシートをオレンジのラインに沿って合わせると、上手く認識してくれますよ!

これだけの“レシート読取機能”を、無料で提供していること(※この手の類似アプリでは、無料版は初めてのこと)も凄いですが、このアプリの魅力的なところは支出管理をライフログ化して、その情報を記録・共有が出来る点にあります。

どういうことかというと、「レシート詳細」の「編集」ボタンから、食べ物や買った際の写真やメモを付け加えれば(フォト・メモ機能)、味気ないレシート管理がまるでちょっとしたブログを見ているかのように楽しむことができ、その支出データをEvernoteやFacebookに連携、シェアすることで、より気軽に支出管理を継続することができる、というわけです。

特に家計簿というのは、面倒であることと、続かないことがどうしてもネックになりがちです。「今月はこんなに買い物しちゃった……」と自身の買い物失敗談やお得な口コミ情報を、ご自分のFacebookに共有すれば節約意欲も高まり、日頃からEvernoteを活用している方であれば、一括で情報管理ができるのは便利ですよね。

ほかにも、見分けるのに便利な費目も、食費や日用品費、被服費や交通費、水道光熱費……といった細かい分類が数多く用意されているので、初心者だけに限らず、日々家計簿をつけるのが習慣になっている方にも、十分に満足していただけると思います。

さらに、月計、週計、日計、日付指定で記録が可能。グラフや表で、シンプルに表示される比較レポートも、どこにお金を使い過ぎているのか、を一目瞭然に把握することができるので、とても使い勝手がありますよ。

景気の見通しが立たない昨今、家計を切り詰めていくのはなかなか大変ですよね。普段、お小遣いのやりくりに苦労しているサラリーマンの方々から、家計簿をつけることが面倒に感じている主婦のみなさん。また、支出管理をハックしたいライフハック志向の方から、手軽なライフログに興味のある方まで、本アプリ『ReceReco』は強い見方になること間違いありません。

この機会にぜひダウンロードしてみて、あのレコーディングダイエットのように少しずつでも節約を試みてはいかがでしょうか。アプリも無料で利用することができるので、お財布にも優しいですよ。どうぞ一度、お試しください!

■ AppStoreでダウンロード

(ライター:柚木深つばさ