closet

カリスマ動ガールが教える!モテメイク術~オフィス編

前回の『カリスマ動ガールが教える!モテメイク術~道具編』に引き続き、今回はオフィスメイク編をお届けします。

オフィスメイクのポイントは、相手に好印象を与えることです。ナチュラルメイクを目指したつもりなのに、アイカラーを控えめにしすぎて目が小さく見えてしまった、口紅を落ち着いたカラーにしたら老け顔になってしまった…そんな経験はありませんか?

トレンドを取り入れながら、高感度アップ間違いなしのモテメイクをするのは、至難の業ですよね。そこで、いま話題のカリスマ動ガール・佐々木あさひさんの動画を徹底チェック! オフィスメイクのポイントをしっかり抑えて、あなたもモテ女子に変身しちゃいましょう。

■アイメイクは「ペンシル+パウダー」で仕上げる!

顔の印象を左右する眉毛は、バランスが大切です。小鼻のわきから目尻のラインで眉毛を作るのがベストだといわれていますが、最近はやや短めが流行中。あまり長く書きすぎると、老け顔になってしまうので注意してくださいね。

眉毛の長さが決まったら、まずはペンシルタイプを使って、毛の流れに沿って1本1本丁寧に描いていきます。ポイントは、眉山から眉尻まで描いてから、眉山の下から眉尻まで描くこと。最後に眉尻の太さを調節すると、キレイに仕上がりますよ。

次に、濃いめパウダーを使って、眉山の下から眉尻まで重ねていきます。筆をスッと滑らせるように描くことで、ボカシを入れなくても、自然なカラーになります。

今まで眉毛がうまくきまらなかった方は、ぜひ実践してみてください。

■アイシャドウは、グラデーションが重要!

定番のブラウンカラーを使う場合、まずは薄いライトベージュをアイホール、目のまわり全体にしっかり塗りましょう。次に、パールカラー、ライトブラウンをアイホール全体に重ねていきます。

パッチリとした品のある目元を作るために、濃いブラウン、ゴールドを目尻に向けてのせます。このとき、下まつ毛にも軽く塗るのがポイントです。最後に、目頭にパールホワイトを入れて完成です。アイラインを引かなくても、立体感のある目元に仕上がってるはずですよ。

■アイラインは、リキッドタイプで控え目に!

リキッドアイライナーは、細めに引くことがポイント。ペンシルの場合は仕上げにボカシを入れますが、リキッドはそのままで大丈夫です。あまり濃く引きすぎるとキツイ印象になってしまうので、注意してくださいね。

このほか、動画にはオフィスメイクに欠かせないポイントが盛りだくさん! スマホでも簡単に再生できるので、こっそり女子力アップしてみてはいかがですか?

動ガールの関連記事はコチラ

【参考】

みんなのめいく‐sasakiasahiさんのページ