closet

Google版LINEになるかも?とウワサの『WhatsApp』を使ってみた

米Googleが、スマートフォン向け無料グループチャットサービス『WhatsApp』を買収するとの報道が数日前にありました。報道したのは、米国のニュースサイトDigital Trendsで、現在両社による交渉中の段階だということです。

そこで『WhatsApp』がどんなアプリなのか使ってみました。

グループチャットサービスということで、チャットルーム(LINEでいうトークルーム)をみてみましょう。とってもシンプルなつくりです。

位置情報、写真、動画、音声メモなどを送ることができます。入力窓の横にあるニコマークをタップすると絵文字が表示されますが、スタンプはありません。

登録時には電話番号を登録しますが、電話帳のアップをするかしないかを選択するステップはありません。またLINEでいう、友だちかも?に表示させない、友だちを自動登録しないなどといった設定もないようです。

また、たとえばAndroid版では、1年間は無料ですが、2年目からは毎年$0.99かかる有料版になります。

良く言えばシンプルですが、無料通話や細かい設定ができ、スタンプもあるLINEやカカオトークを見慣れているユーザーにとっては、ちょっと物足りない印象です。LINEというより、対抗馬はFacebookメッセンジャーでしょうか。

この『WhatsApp』は米Yahoo!の元社員2人が設立したベンチャーによるサービス。英語だけでなく日本語を含む多言語に対応していて、世界に3億人の利用者がいるとのこと。ユーザーの多さが魅力的なアプリです。

Googleが買収したら仕様も変わるのでしょうか?これから先その行方にも注目したいですね。

■ AppStoreでダウンロード

■ GooglePlayでダウンロード

(ライター:栗山佳子