closet

今春のトレンド美容「菌活」はもうチェック済み?美肌作りのポイントは発酵食品だった!

昨年から美意識の高い女性たちの間で、「塩麹」や「きのこ汁」など、体に良い食材が話題になっていますね。古来から日本に伝わる“発酵食品”を毎日食べて、内側から輝くキレイ肌を目指している方は多いのではないでしょうか。

実はいま、20~40代女性の7割が始めているという「菌活(キンカツ)」。2013年の春夏は、発酵食品を積極的に摂取して美を追求する「菌活」からますます目が離せなくなりそうですよ。

■モテ女子必須!「菌活」の効果とは?

人間の腸内には、500種類以上の菌が存在します。しかし、すべての菌が体に有用な働きをするわけではありません。

そこで、重要なのが腸内環境を整えてくれる“善玉菌”を増やすこと。菌を丸ごと食べられる「きのこ」は、ビタミンB群が豊富なので、大人ニキビなどの肌荒れが気になる方におすすめです。また、味噌や塩麹、甘酒など整腸作用のある「麹菌」は、便秘気味の方にぴったり。1日3食味噌汁を作るだけで、少しずつその効果を実感できるはずです。

このほか、発酵食品の定番「納豆」に含まれているビタミンEには、シミやくすみの原因「活性酸素」を除去する働きがあるといわれています。いつまでも若々しいツヤ肌をキープしたい方は、毎日納豆を食べる習慣をつけるとよいですよ。

 ■美味しく食べて、今日からあなたも“菌活生活”スタート!

◇おすすめレシピ(1)どんな料理にも使える、きのこダネ

材料:ブナシメジ、ブナピー、エリンギなど、好きなキノコを数種類、新玉ねぎ、生姜、オリーブオイル、酢(大さじ3)、塩(小さじ1/2)、こしょう(適量)、唐辛子(適量)

作り方

1.キノコの石づきをとって、食べやすいサイズに分けます。エリンギは短冊切りがおすすめ。新玉ねぎは薄くスライスして、生姜は千切りにします。

2.酢、塩、こしょう、唐辛子を混ぜ合わせます。

3.フライパンにオリーブオイルを入れて、新玉ねぎ、生姜を炒めたあと、キノコを入れます。焼き色がつき始めたら、2で作った調味料を入れて蓋をして、中火で5~6分蒸し焼きにして完成!

低カロリーなのでダイエットにもぴったりです。サラダやトーストにトッピングしたり、、スープに入れたり…あなた好みの料理にアレンジしてみてくださいね。

◇おすすめレシピ(2)小腹が減ったときにピッタリな“きのこクッキー”

材料:クッキーの素、ぶなしめじ、粉チーズ

作り方

1.ぶなしめじの石付きを切って、細かくほぐします。ここで、キノコを水で洗ってしまうとベトベトになってしまうので、注意してくださいね。

2.クッキーの生地を作ります。粉チーズを適量加えて、よく混ぜこねます。

3.塩コショウをしながら、キノコをフライパンで1~2分焦げ目が軽くつくまで炒めます。油を使わないのがポイントです。

4.クッキーの生地にキノコを軽く埋め込み、上から粉チーズをかけます。

5.オーブンでこんがり焼いて完成!

他にも旬の食材を使った菌活レシピを検索したいときは、『きのこらぼ』をチェックしてみてくださいね。

【参考】

@PRESS‐~2013年春夏・トレンド予測レポート~ 20~40代女性の7割が実践中!? 今年の美容トレンド最前線、キーワードは『菌活』

きのこらぼ:http://kinokolabo.jp/