closet

Facebook乗っ取りが流行中!ChromeとFirefox利用者はとくに要注意

Microsoftマルウェア対策センターによると、Facebookのプロフィールを乗っ取る悪質なブラウザ拡張機能が流行中とのことです。

今回公表されたマルウェア「Trojan:JS/Febipos.A」は、ウェブブラウザ(Webページを閲覧するためのアプリケーションソフト)の拡張機能・アドオンを装っています。ブラウザに後から機能を加えるためににインストールするときに、これを誤ってインストールすると感染します。

ウェブブラウザは、Google ChromeとMozilla Firefoxが標的にされているとのこと。Google ChromeとMozilla Firefoxのアドオンをインストールするときには、とくに注意が必要です。

このマルウェア「Trojan:JS/Febipos.A」は、感染すると、利用者がそのブラウザを使って Facebook にログインしているかを確認します。次にFacebookの設定ファイルの内容次第で、ユーザーのFacebookプロフィールを使って「いいね」ボタンを押させたり、共有、投稿、グループへの参加、友達とのチャット、投稿へのコメント行うなどといった、さまざまな操作が勝手に行われてしまう恐れがあるということです。

「Trojan:JS/Febipos.A」はブラジルで最初に発見され、ポルトガル語圏で動画を投稿してリンクをクリックさせる手口も確認されましたが、この動画は既にFacebookによってブロックされているとのこと。しかし、このマルウェアが使っているFacebookページの「いいね」などの数は増え続けてており、感染者の拡大が懸念されています。

 

■関連記事

 

「『LINEアンチウイルス』登場!簡単動作で女子にオススメ」

「スマホのリスクから身を守るために絶対気をつけておきたいこと7つ」

「スマホ危険度診断!改めてチェックしたいポイント5つ」

<参照>

プロフィールを乗っ取るブラウザ拡張機能、Facebookで出回る

 Malware Protection Center(Microsoft )