closet

自宅まで来てくれるサポートサービスも!auの2013年夏モデル最新情報

5月20日、auの2013年夏モデルとなるスマートフォン4機種が発表されました。

この夏auから登場するのは、「HTC J One HTL22」(HTC製)、「Xperia UL SOL22」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)、「AQUOS PHONE SERIE SHL22」(シャープ製)、「URBANO L01」(京セラ製)の4モデルです。

a

HTC J One HTL22

明るくてきれいな写真がいつでも撮影できるように解像度はあえて400万画素に抑え、たくさんの光を受け止めカメラのセンサの大きさを重視し、人の目に近い、見たままの自然な色合いで写真を撮影できるカメラを搭載しています。また、前面に2つのスピーカーを配置することでクリアで美しいサウンドを実現しています。

4.7インチのディスプレイと1.7GHzのクアッドコアCPUを搭載。OSはAndroid 4.1。本体サイズは高さ約138mm×幅約69mm×厚さ約10.5mmで、重量は約157g。バッテリ容量は2300mAh。カラーはホワイトメタルとブラックメタルの2色。

Xperia UL SOL22

秒間15枚の連写が可能な約1310万画素のCMOSカメラを搭載しています。また、カメラキーがあり、デジタルカメラのような感覚で撮影できます。音へのこだわりを存分に発揮した“WALKMAN”アプリケーションで、メリハリのある重低音などが楽しめます。

5.0インチのディスプレイと1.5GHzのクアッドコアCPUを搭載。OSはAndroid 4.1。本体サイズは高さ約135mm×幅約71mm×厚さ約10.5mmで、重量は約145g。バッテリ容量は2300mAh。カラーはホワイト、ピンク、ブラックの3色。

AQUOS PHONE SERIE SHL22

省電力技術「エコ技」などを組み合わせ、約3日間の使用が可能な3080mAhの大容量バッテリを搭載しています。急速充電にも対応しており、ACアダプタを利用すると約1時間で1日の使用量以上を充電できます。カメラ機能は撮りたい瞬間を逃さない高速起動や、F値1.9の明るいカメラを搭載するほか、2画面視聴が可能なアナザービュー機能にも対応しています。

4.9インチのディスプレイと1.7GHzのクアッドコアCPUを搭載。OSはAndroid 4.2。本体サイズは高さ約142mm×幅約70mm×厚さ約9.9mmで、重量は約155g。カラーはブルー、ホワイト、ブラックの3色。

URBANO L01

初心者を意識したスマートフォンで、見やすさと使いやすさにこだわったオリジナルUIを搭載しています。騒がしい場所でも相手の声が聞き取りやすい「スマートソニックレシーバー」機能や、Android標準のフォントサイズよりも大きな「でか文字」にも対応しています。

4.7インチのディスプレイと1.5GHzのデュアルコアCPUを搭載。OSはAndroid 4.2。本体サイズは高さ約134mm×幅約65mm×厚さ約10.8mmで、重量は約140g。カラーはグリーン、ホワイト、ブルー、ブラックの4色。

シニア向けスマートフォンを出しているdocomoとソフトバンクに対し、auはシニア向けに特化したスマホを出していませんが、この「URBANO L01」がシニアや初心者向け機種となりそうです。

auスマートサポート

専任のチームが24時間体制で電話サポートを受付けるほか、スタッフが直接顧客の自宅に出向きスマートフォンの設定や操作方法などを教える「スマホ訪問サポート」も提供する「auスマートサポート」が新たなユーザーサポートサービスとして登場します。料金は初期費用が3150円で、月額399円(最初の3カ月は無料)。

auはドコモやソフトバンクに比べて新機種数が少ないですが、高機能なものから、初心者向けまで網羅されているようです。「auスマートサポート」は初期費用が3150円と決して安い金額ではないと思いますが、今後どれくらいニーズがあるのか、その動向を注目したいと思います。

■関連記事

「指で触らない操作もできる機種も発売!ドコモの2013年夏モデル「ドコモのツートップ」戦略」

「買い替え検討中必見!!スマホを安く持つための3つのポイント」

「【乗換検討者必見!】AndroidからiPhoneに乗り換えた私が困ったこと5つ」