closet

【iPhone小技】覚えておくと絶対便利!迷惑な相手を着拒する方法

電車の中などで電話に出られない時、iPhoneの着信音やバイブレーションの止め方がわからず焦った経験はありませんか? 間違ってブチッと切ってしまったり、カバンの中で鳴り止むまで放置するのはちょっと気まずいですよね。

今回は小技ながら地味に役立つ、「簡単な着信拒否の方法」をご紹介します!

 

■iPhone使用中(通常モード時)に着信が来た場合

通常モードの場合、着信画面には右に緑色の「応答」ボタン、左に赤色の「拒否」ボタンが表示されます。ここで「拒否」をタップすればOK。画面に出るので分かりやすいですね。

au版iPhoneで試しに拒否してみると、相手側には

「こちらはauです。おかけになった電話をお呼びしましたが、お出になりません」

とメッセージが流れました。留守番電話サービスに入っていれば、留守電につながります。

 

■iPhone未使用時(スリープモード時)に着信が来た場合

やっかいなのは、画面が真っ暗な状態のスリープモード中に着信があった場合です。通常モード時と違って「拒否」ボタンが表示されないので困りますね。

そんな時は、スリープボタン(本体右上側面のボタン)を連続で2度押すと着信拒否できます。相手側に流れるメッセージは通常モード時と同じでした。ちなみに、1度押しならバイブと音だけが消えます。

 

■自動的に着信拒否する方法

いつもかけてくるセールスマン、あまり関わりたくない元恋人など、着信画面が出ることすらわずらわしい相手もいます。この場合、iOS6の機能「おやすみモード」を活用すれば、自動的に着信を拒否することができます。連絡先に登録していたら、削除してから下記の設定をしてください。

手順は「設定」→「通知」→「おやすみモード」→「着信を許可」→グループの「すべての連絡先」を選択→「設定」画面に戻り、「おやすみモード」をオン

これで常時おやすみモードにしていれば、連絡先以外からの着信は自動的に拒否され、メッセージが流れるようになります。非通知設定からの着信にも効果アリです。

でも、効果があるのはiPhoneがロックされている時のみ。また、ロック時に拒否されていても、解除すれば通知自体は来ますのでご注意を。

 

他にも、無音の着信音を手に入れ、拒否したい相手の着信音に設定する方法があります。通知や着信履歴すら残ってほしくないとなると、各携帯電話会社の有料サービスへ申し込まなければなりません。詳しくは各社サイトをご覧下さい。iPhone自体に着信拒否機能があればベストなのですが、今のところその予定はなさそうです。その時々の状況に応じて、うまく着信拒否機能を活用していきましょう。

 

【関連記事】

知らなきゃ損!iPhoneがもっと便利になる裏ワザ3つ

【iPhone小技】電話に出れない場合、すぐに「出れません」SMSを送るワザ

スマホの電源は1日1回切った方が良い?電池にまつわるネットの噂をauのお姉さんに聞いてみた

メールやLINEで使える!男をやる気にさせる「5S」って?

読モが通う有名サロンもOK!「500円でヘアカット」する方法

 

【参考】

迷惑電話撃退サービス – au

ナンバーブロック – SoftBank

着信音を無音にする – iPhone入門

(ライター:らいら