closet

iPhoneが熱くなったらどうする?正しい対処法をアップルストアのお姉さんに聞いてみた

今回は、「プロに聞いてみた」シリーズ第2弾! テーマは、「iPhone(スマホ)が熱を持った時の対処法」です。ネットの噂や対処法をアップルストアのスタッフの方に聞いてみました。

 

■本体の熱が上がり過ぎると何が起こるの?

ゲームやマップアプリなど長時間使っていると、スマホが熱くなる時があります。熱を持つこと自体は異常ではないのですが、本体温度が上がりすぎるとどのような現象が起きるのでしょうか? アップル公式サイトによると、

・デバイスの充電が停止する

・ディスプレイが暗くなる、またはディスプレイに何も表示されなくなる

・カメラのフラッシュが一時的に無効になる

・携帯電話無線が低電力モードに入る。この間、電波が弱くなることがある

などが起こります。デバイスの温度が上限を超えると、以下のような温度警告の画面が表示され、操作ができなくなるそうです。

 

 

■ネットの噂「冷蔵庫で冷やす」の真相は?

ネットでは「熱くなったら冷蔵庫に入れるといい」という噂があります。「乾電池を冷蔵庫に入れると長持ちする」説から来た方法のようですが、実際に効果はあるのでしょうか? アップルストアのスタッフによると、

「冷蔵庫で冷やすと急激に本体の温度が下がり、内部に結露がつき故障の原因になってしまいます」

との回答でした。同じように、氷枕に当てたりクーラーボックスに入れるなど、一気に冷えてしまうやり方はNGです。

 

■徐々に温度を下げる効果的な方法は?

では本体を痛めず、できるだけ早く冷ます方法はあるのでしょうか。スタッフによると、エアコン(25℃~28℃程度)に当てるのはいいとのこと。

車の場合、エアコンの送風口の近くにホルダーを付けると、熱を持ちやすいマップやナビアプリを使用していても適度に冷やしながら使うことができるそうです。冷やし過ぎは結露の原因になるので、注意が必要です。

 

■「故障かも?」と思ったら

どうしても発熱が気になるようであれば、アップルストアで本体に問題がないか調べることができます。わたしのiPhoneも見ていただきましたが、およそ1分程度で簡単に結果がわかりました。異常はありませんでしたが、それでも気になる場合は?

「それでも熱いということであれば、もしかしたらアプリやデータのクラッシュの可能性があるかもしれません。一度バックアップを取っていただいて初期化すると、異常な発熱が直る場合もあります」

とのことでした。最近iPhoneが熱くなりすぎて「故障かも?」と心配な方はアップルストアで見てもらってはいかがでしょうか。

本格的な夏を迎えると、車の中に放置したりポケットに入れているだけでも熱くなってしまいます。正しい方法で冷却し、異常を感じたらすぐに対処することをおすすめします。(機種や使用環境などにより効果に差の出る可能性がありますのでご注意くださいね)。

アップルストアで対応してくださった担当者様、ありがとうございました!

 

【関連記事】

4人中3人がiPhoneを選択。日本人がiPhoneにここまでハマる理由とは?

スマホの電源は1日1回切った方が良い?電池にまつわるネットの噂をauのお姉さんに聞いてみた

女子は必読!非モテ女子にならないために避けたいLINEの使い方3選

iPhoneのリピート率は80%以上!? 一方Androidは●●%と判明

【初心者向け】iPhoneのデータが全部消えちゃう!? 「バックアップ」のやりかた教えます!

 

【参考】

アップル公式サイト