closet

知ってる?LINE、カカオトーク、Facebook、commスタンプの違い

LINE、カカオトーク、comm、Facebookメッセンジャーなど、スタンプをトークルーム(チャットルーム)で使えるアプリは、頻繁に新しいスタンプが登場していますね。無料のものだけでも十分に楽しめるほど種類が豊富ですが、それぞれのアプリで微妙にスタンプの設定が違っています。

そこで、今回は代表的なアプリのスタンプの基本的な違いを比較してみたいと思います。

スタンプのサイズ

トークルームでちょっと嫌だなと感じるのが、スタンプの連打。スタンプを連打されると、会話はスクロールさせないと見られなくなってしまいます。前後の会話が見にくいので、個人的には、スタンプの連打はあまり好きになれません。しかし、いろいろなアプリを使っているうちに、スタンプのサイズに違いがあることがわかりましたので、比較してみます。

■LINEは、1画面にスタンプ3個。FacebookはLINEと同じサイズ

スタンプを連打してみると、私のスマホではLINEのスタンプは3個並びます。

a

LINEよりやや大きめですが、Facebookメッセンジャーも1画面にスタンプが3個並びます。

a

■カカオトーク、commは、1画面にスタンプ4個。LINEより小さめ

カカオトークとcommは1画面に4個スタンプを並べることができますので、LINEよりスタンプサイズが小さめです。

aa

 

投稿方法

スタンプの投稿方法にも違いがあります。スタンプをタップすると、そのままダイレクトに投稿できるのが、LINE、Facebookメッセンジャー。それに対し、一度入力窓で確認してから送信ボタンを押して初めて投稿できるのがカカオトーク。commはダイレクト投稿タイプですが、直後に数秒表示されるバツマークをタップすると取り消すことができます(相手がポップアップ通知を設定している場合には取り消しても送ったスタンプが表示され、またトークルームでは「この投稿は削除されました」という表示が一度あります)。

スタンプを選んでいるうちに間違って送信されてしまうことが数回あったので、個人的には一度確認できるほうが好きです。

有料・無料

commとFacebookメッセンジャーのスタンプは今のところすべて無料です。LINE、カカオトークは有料のものと無料のものがあります。

日本語の吹き出し・キャッチ

Facebookメッセンジャーのスタンプは日本に特化していないため、日本語の吹き出しやキャッチがついたスタンプはありません。どちらかというと、絵文字が大きくなったような感じです。またcommも日本語が入ったものは少なめのようです。

それに対して、LINE、カカオトークは日本語の吹き出しやキャッチが入ったスタンプも豊富です。

a

各アプリのスタンプの違いを見てきましたが、皆さんはどのスタンプが好きですか?

私はLINEの小さめのスタンプにもなる絵文字が好きです。会話の最後にも付けられるし、小さめのスタンプとしても使えて一番使い勝手がいいと感じています。ただし、種類が少ないところが難点。これがもっと種類豊富になってくれると嬉しいですね。

■関連記事

「【保存版】絶対知らなきゃやばい!LINEの危険性3つとその対策まとめ」

「LINEとはここが違う!カカオトーク「トークルーム」がかなりツカえる」

「メールやLINEで気を付けて!男性に嫌われる○○な女ランキングTop5」

(ライター:栗山佳子