closet

LINEのメッセージ内容を斜め書きや逆書きが簡単にできるアプリ

無料通話・チャットアプリとして着実に影響力を伸ばしつつある、『LINE』。closetでも、数々のLINEの小技や裏技を取り上げてきましたが、今回はLINEのチャット画面にまつわる小技として、こんなアプリのご紹介です。

その名も、『タテL』。実はこのアプリ、LINEのメッセージ内容を縦書きや斜め書き、逆書きにできるアプリなんです。スマホから入力すれば、文章を改行して縦書きにはできますが、斜め書きや逆書きはいささか困難ですよね。

ですが、このアプリがあれば友人や知人をアッと言わせることも、はたまた異性の告白として、よりインパクトのあるチャットを送ることができちゃうんです。ぜひチャレンジしてみてください!

タテL①(LINE縦書き)

難しい操作は一切必要ありません。やり方はまずアプリを起動すると、上記のような白い画面が出てくるので、そこのタップ。いわばこの画面が、入力したメッセージ内容を縦書きに、斜め書きにできたりする編集画面になります。

タテL(LINE縦書き)②

引き続き、編集したい文字を考えて入力すると、画面中央に3つの矢印が書かれたアイコンが表示されるので、そこをタップ。すると、文字の向きを「縦書き」「斜め書き」「逆書き」にそれぞれ変えることができるので、自分好みの形を選択してください。

タテL(LINE縦書き)③

気に入った文字ができたら、最後に画面右上の矢印をタップ。そこから「LINEで送る」ボタンをタップすれば、LINEが起動されて送りたい友人を選択。作った文字をチャット画面に送ることができます。

ご覧の通り、斜め書きはかなりチャット画面で目立ちますよね。これは友人や知人、あるいは異性の視線をたちまち釘付けにできそうです。

アプリの機能としてはこれだけですが、知っているか知らないかでは大きな差!好きな言葉をあらかじめアプリで作っておいて、それをコピー&ペースとして貼り付けるやり方もできそうですね。ぜひこの機会に『タテL』を使って、みんなからの視線を集めちゃってください!

■関連記事

「便利だけど…『LINE』に直してほしいところ5つ」

「メールやLINEで気を付けて!男性に嫌われる○○な女ランキングTop5」

「意外と知らない?より使いやすく便利になる『LINE』の小ワザまとめ」

<a href=”https://itunes.apple.com/jp/app/tatel-line-rain-zong-shukimessejiwo/id639084648?mt=8&ign-mpt=uo%3D4″ title=”タテL” id=”ilink” target=”_blank” onClick=”_gaq.push([‘_trackEvent’,’out’,’applink’, this.title]);”>■ AppStoreでダウンロード</a>

(ライター:柚木深つばさ)