closet

LINEはやはり1人勝ちなのか?ライバル「comm」の決断

LINEのライバルでもあるスマートフォンの無料通話アプリ「comm」が事業を縮小するという報道がありました。

このニュースを報道した日経BP社によると、DeNAは「comm」の運営体制を、6月初旬までに数人体制へと縮小を決めた模様とのことです。

「comm」といえば、女優の吉高由里子さんを起用したCMを作成するなど、一時期大々的なプロモーションを行っていました。会員獲得にあてたプロモーション費用は約10億円、また最も多い時で開発や運用、保守に充てられていた人は約70人とのこと。これに対し、現在の会員数は約670万人程度にとどまっており、会員数が1億5,000万人を突破(4月30日時点)したLINEとの格差は広がるばかりだったようです。

a

 

「comm」の実名登録制は「実名のほうが相手が誰だがわかりやすい」ということで設けられていると、制作者がインタビューで語っていましたが、ここが「LINE」と異なる点でしょうか。

というのも、「LINE」は広くつながる「Facebook」などとは一線を画し、ごく身近な人とのコミュニケーションツールという明確なスタンスをもっています。

一方、誰か一見わからない人ともつながることを想定している「comm」は「Facebook」寄りのコミュニケーションツールと言えそうです。

無料通話・チャットアプリは相手が同じアプリをインストールしていないと使えないところが、後発アプリを不利にしてしまうところかもしれませんね。すでの多くの人がインストールしている「LINE」は、今後も優位な立場にあることは変わりそうになく、破竹の勢いは今後も続きそうです。

【関連記事】

「イマドキの女子の4割以上がアプリで天気予報をチェックしている!?人気天気予報ランキング」

「LINEの有料スタンプを無料でGET!「フリーコイン」スタート」

「知っておくとちょっと便利かも!LINEの文字入力と通知のプチ小技」

【参考資料】

【特報】DeNA、「comm」事業を縮小へ(6月26日日経ビジネスON LINEより)

(ライター:栗山佳子