closet

ついに日本上陸!世界中で話題の不倫専用SNSが凄い・・・

「人生一度。不倫をしましょう」という、何とも大胆なキャッチフレーズで話題の不倫専用SNS「アシュレイ・マディソン」。このSNSはカナダの企業が運営するサービスで、現在カナダ、アメリカ、ドイツ、オーストラリアなど世界27か国で展開、登録者はおよそ2,000万人にも及ぶ “世界でもっとも有名な、秘密の恋人探しサイト”なのです。

そんな“超不道徳”なSNSが6月24日、ついに日本上陸を果たしました。アメリカでは“結婚制度の破壊者”とまで言われるほどのバッシングを浴びているとのことですが、果たして日本では一体どうなることか……。

「アシュレイ・マディソン」について詳しくご紹介します。

■不倫専用SNSをスタートさせたワケとは……

「アシュレイ・マディソン」の現CEOで創設者でもあるノエル・バイダーマン氏は、なんと元弁護士という経歴の持ち主。弁護士時代は、米・プロバスケリーグ、NBAなどのスポーツマネジメントに関わり契約問題などに従事していたのだそう。

そんな人物が、なぜ不倫専用SNSをスタートしたのか……。それは、当時バイダーマン氏に持ちかけられた相談のおよそ9割が“不倫”に関するトラブルだったことから、不倫ビジネスには大きな可能性があるのではないかと考えたのがきっかけだったよう。

そうして2002年にカナダでビジネスを開始。しかし、不倫を肯定するかのようなサービスですから、もちろん世間からの反応は様々。当然反発する意見も多数あったようです。

ところが、今では世界27か国で展開するほどのビッグなサイトに成長。やはり、バイダーマン氏の当初の狙い通り、不倫ビジネスには需要があったということなのかもしれませんね。

■アジア初進出国に選ばれたのが日本

そんな「アシュレイ・マディソン」が、アジア初進出国として日本を選んだ理由は、ユーザーへのアンケートで「アジアでオープンするならどこの国がいいか」と質問した結果、「日本」という声が圧倒的に多かったからなんだとか。日本人モテ期キター!になるか?

果たして、日本では「アシュレイ・マディソン」がどれほど受け入れられるのか……。今後に注目ですね。

【関連記事】

「iPhoneをタッチすると下着がブルブル!?バイブレーション下着に興味津々」

「【要注意】うっかりコメントしがちな信用度が下がっちゃう○○発言5つ」

「未練?facebookで元彼を探す女性が多数いると明らかに

「真実を暴け!むっつり度を診断する手軽な方法が判明」

(ライター:きつたなお)