closet

夏、スマホでの写真撮影は要注意!Googleアカウントが停止!?

悩む女

つい先日「スマホで子どもの裸の写真を撮ったら、Googleアカウントが停止された」という内容の日記をみつけました。

その日記によると、子どもの裸の写真をスマホで撮影したら、数日後Googleアカウントが停止されてしまったとのこと。Gmail、カレンダー、Google+、GooglePlayなど、Googleのサービスが使えなくなってしまって、困ったそうです。

Androidスマホのユーザーなら当然のこと、またiPhoneユーザーであっても、Googleのサービスが生活の一部となってしまっている人は少なくないのではないでしょうか。

■アカウント停止は、ある日突然やってくる

怖いのは、アカウント停止に警告がないこと。ある日突然、アカウント停止になっていて、気づいた時には使えなくなっているということが怖いですね。

確信犯ならともかく、気づかないうちにGoogleのポリシーに抵触してしまった場合、何の準備もなくアカウントが停止されてしまうわけですから、Googleのサービスを使って保管していたものが、一気に逸失してしまう可能性があります。

■アダルト系には厳しいGoogle

Googleポリシーを見ると、女性の胸の谷間がアップで写っている写真もNGです。

  1. 露骨な性的コンテンツヌード、性行為の画像、露骨な性的コンテンツを配布しないでください。営利目的のポルノ サイトへの誘導はしないでください。プロフィール写真に、成人向けまたは不快なコンテンツが含まれていてはなりません。たとえば、人間の臀部や女性の胸の谷間がアップで写っている写真を使用しないでください。

さらに児童保護関連の国際団体に加盟するなど、児童保護に取り組んでいて、6月には、Web上の児童ポルノ画像撲滅を目的とした業界横断の画像データベースを構築したとの発表もしています。

ポリシーでは、下記のように記載されています。

  1. 子どもの安全子どもを危険にさらすようなコンテンツ、たとえば児童ポルノ(児童ポルノ漫画を含む)や、子どもを性的に表現するコンテンツを配布しないでください。

■夏に気をつけたい、子どもの水遊び写真

上記のことから子どもの裸の写真には注意が必要です。

夏休みには、子どもの水遊びの写真を撮影する機会も増えると思います。水遊びの現場では、その場で子どもの着替えをさせるシーンは珍しくありませんね。

ということは、意図せずとも、子どもの裸体が写りこんでしまう可能性があります。

G+やPicasaウエブアルバムなどを利用している場合は、画像が公開設定になっていないかどうか、再度チェックしてみたほうがいいかもしれません。(非公開でも、Googleポリシーに抵触し、アカウント停止の可能性があるとの情報もあります)

写真を撮影したら、即アップロードできるインスタントアップロードなどは便利なサービスですが、水遊びの写真を撮影したときには、少々注意が必要なようです。

【関連記事】

「愛情がリスクに……どうする!?別れた後の共有情報」

「【iPhone小技】ロック解除のパスコードは4桁の数字以外に設定できちゃう!セキュリティ対策に効果大」

「どんなカメラにも使える!誰でも簡単撮影テクニック「日の丸構図」と「黄金比分割」」

 

【参考】

Google、児童ポルノ画像撲滅に向けた新たなシステム構築を発表

Google ポリシー

(ライター:栗山佳子