closet

世界初!聴覚障がい者がバイブ機能を使って音楽を体感できるアプリが登場!

言葉が通じなくても、音楽で心が繋がることってありますよね。それは聴覚障がいを持つ人もまったく同じ。“聞きたい”“感じたい”と思った1曲を聴いて、音楽のある生活を楽しんでいるのです。

「でも、どうやって音楽を聴いているの?」1つのきっかけを作ったのは、“Music isfor everyone(音楽は全ての人のためにある)”をテーマにコロンビアで開催された音楽祭「Catagena Music Festival」。イベントを主催する団体は、耳が聞こえない人にも音楽を届けることの重要性を主張したのです。

こうした思いから誕生したのが、聴覚障がいの方でも音楽を感じることができるAndroidプリ『Vibetunes』。世界初の試みは、早くも世界に広がりつつあります。

曲の周波数をバイブレーションに変換して、スマホを振動させることによって音楽を体感できるこのアプリは、面倒な設定をしなくても、手のひらや胸ポケットに入れて手軽に音楽を楽しめるのがポイント。公園で自然と触れ合いながら、自宅でほっと一息つきながら、お気に入りの1曲を再生すれば、心が和みそうですよね。

世界には7,000万人以上の聴覚障がい者がいるといわれています。これまでの生活に音楽をプラスすることで、きっと目の前がパッと明るくなるはずです。

スマホがまた1つ、人々を笑顔にしてくれるステキな開発。私たちが当たり前だと思っていることでも、ちょっと視点を変えるだけで新たな発見がありそうですね。

【関連記事】

「あなたが目になる!視覚障がい者とボランティアを繋ぐスマホの新しいカタチ」

「キティちゃんのルーターが可愛すぎるし速度メチャ速!しかも今ならタブレットとセットで1円!」

「どうしよ!忙しくて海外旅行の計画が進んでない・・・そんなときのお助けアプリ」

■ GooglePlayでダウンロード

【参考】

AdGang http://adgang.jp/2013/07/33951.html