closet

こんなに簡単だったの?!スマホで花火をキレイに撮影するポイント5つ

夏の一大イベントといえば花火大会! そろそろ全国各地で開催されますね。

せかっく花火を見に行くなら、大切な思い出を写真に残しておきたいもの。でも、暗いところで写真を撮ると“イマイチ”な仕上がりになってしまいますよね。

そこで今回は、「スマホでキレイに花火を撮影するポイント」をご紹介! 花火大会に行く前に、絶対チェックしておきましょう。

■誰でも簡単にできちゃう! 花火をキレイに撮るコツ5つ

【その1】撮影ポイントをよく選ぶこと!

とにかくキレイな写真を撮るには、花火がよく見えるポジションを選ぶのが1番。前に背の高い人がいないか、よく周りを見渡してくださいね。風上に逆らう場所をゲットすると、煙で花火が見えなくなることもありませんよ。

【その2】絶対に動かないこと!

シャッタースピードが遅くなる暗い場所では、ちょっと動いただけでブレた写真になってしまいます。人ごみの中でじっとしているのは難しいかもしれませんが、テーブルなどの柱を利用して、絶対に動かないように固定しましょう。座れるスペースがあるときは、地面に座った方が安定しますよ。

【その3】写真の構図をきめること!

打ち上げられた花火を追いかけながら撮影していると、せっかくよい場所を確保しても、イマイチの写真になってしまいます。必ずどの辺りに花火が打ちあがるのかよく確認してから、カメラを構えるようにしましょう。

【その4】フォーカスを合わせること!

ほとんどのスマホは、画面をタップすると、露出とフォーカスを調整できます。すぐに撮影しようとせずに、花火を見ながら「AE/AFロック」を活用してみてください。ワンランク上の写真に仕上がるはずです。

【その5】ズームは使わないこと!

どうしても遠い場所に感じてしまう花火。でも、むやみにデジタルズームを使うと、写真映りが悪くなってしまいます。どうしても画面いっぱいに花火を映したいときは、撮った写真を後で切り取って加工した方がキレイに仕上がりますよ。

ちょっとポイントを抑えるだけで、本格的な写真を撮影できちゃいます。今年はとっておきの花火の写真をSNSに投稿して、友人にプチ自慢してみてはいかがですか?

【関連記事】

「【NHKの本気】六本木にあの超巨大ダイオウイカが襲来!」

「夏、スマホでの写真撮影は要注意!Googleアカウントが停止!?」

「あのネコの自分撮りが簡単にできるアプリが遂に登場! 奇跡の一枚がすぐできる」

「どんなカメラにも使える!誰でも簡単撮影テクニック「日の丸構図」と「黄金比分割」」

「【自分撮り技集】こんな撮り方が知らなかった!自分撮りマスターに必須アプリ」