closet

iPhoneはウィルス対策しなくても大丈夫?

こちらのニュース、ご存知でしょうか?

スマホアプリで3700万人もの個人情報が流出したとして、IT社長が逮捕されたそうです。

こちらのアプリは、「安心スキャン」というもので、ウィルス対策ができるという触れ込みだったそうなのですが、実際のところその効果はなかったのだとか。

しかも、こちらの会社では芸能人を装ったサクラと課金でメールのやり取りをする出会い系も運営していたらしいというから、恐ろしい話です。

実は以前、私にも芸能人のマネージャーのふりをして「アイドルのAがぜひあなたと話がしたいと言っている」「あなたとのメールのやり取りが心の支えになっているようだ」などというメールが来たことがあります。また、本人だといって、ドラマ出演情報などをのせて「見てくれた?」「最近不調なんだけど、どうしたらいいだろう?」などのメールもありました。

こちらは割と有名な手口なのでスルーできたのですが、今回のウィルス対策アプリの振りをして、情報抜き取りというのは引っかかってしまうのも仕方ないように思います。

もともとiPhoneは、こちらにもあるように、ウィルス対策はそこまで意識しなくてもいいものなのだそうです。とはいえ、日々進化しているのがテクノロジー。思いがけないところで落とし穴にもはまりかねません。だからこそ、自分でできる対策はないかと、「ウィルス対策アプリ」なんてものがあればつい手を出してしまいたくなるのではないでしょうか。

スマホを普通に使ってはいても、どうやって自衛したらいいのか。どんな仕組みになっているのか。これに完璧に答えられる人は決して多くはないでしょう。気軽に使えるものですが、スマホはいわば持ち歩けるパソコンのようなもの。多くの情報が入っているツールだからこそ、取り扱いには改めて十分注意するようにしてください。

【関連記事】

「夏、スマホでの写真撮影は要注意!Googleアカウントが停止!?」

「Safariの履歴を残さない方法「ブラックモード」があるって知ってた?」

「拡散絶対禁止!『LINE』に関するデマにご注意を!

「【LINEヤバい】10代のLINE利用率は90%!女性のLINE利用率が高いことが判明」

【参考】

http://mainichi.jp/select/news/m20130724k0000e040190000c.html

http://news.mynavi.jp/articles/2013/05/14/iphone_why58/index.html

(ライター:ぬこ/イチカロッカ