closet

普段とは違う私に!思わずネットで演じてしまったキャラランキング

net01

20~30代のSNSユーザー男女300人に実施したアンケート調査によると、「リアルとSNSで人格を使い分けている」と答えた人が4割以上という驚きの結果が出ています。ところで、ネットユーザーは具体的にどのようなキャラクターを演じてしまっているのでしょうか?

■1位 異性キャラ
ダントツで多かったのが「異性キャラ」という回答。女性が男性のふりをすることを「ネナベ」、男性が女性のふりをすることを「ネカマ」と呼ぶのは有名ですよね。かつてはオンラインゲームでよく見られたのですが、ここ数年、SNSでのキャラ使い分けも増えてきているようです。

■2位 オタクキャラ
これはどちらかというと演じているのではなく、リアルではオタクを隠してしまっているため、そう見えてしまう人が多いのではないでしょうか。普段は全くアニメやゲームの話をしない人のSNSを覗いてみたら、そのような日記やつぶやきがずらりと並んでいる…なんてこともよくありますよね。

■3位 何事もポジティブキャラ
ネット上の友人が多い人によくあるパターンです。人気者を演じてしまうことでついポジティブになってしまうこと、皆さんにもありませんか?でも悪口や妬みを言うより、ポジティブな方が見ていて気分もいいですし、周りの人も元気になれそうです。

■4位 妙にハイテンションキャラ
理由もないのに妙にハイテンションな人もよく見かけます。特にTwitterでは、誰かのツイートに対してハイテンションで大喜利をするようなツイートも多いです。ですが、そのような人に実際に会ってみると、実は大人しくて礼儀正しかったりとびっくりしてしまうことも多々あります。

■5位 他人を心配する良い人キャラ
リアルではなかなか声を掛けられないけれど、ネット上だと誰にでも気軽に声が掛けられる人はこのパターンだったりします。こういう人はきっと根も優しく良い人だと思うので、演じているなんて言わずに、堂々としていてほしいものです。

6位以下は「リア充キャラ」「中二病キャラ」「友だち少ないキャラ」など、思わず頷いてしまうような結果が並んでいます。普段とは違う自分になれる可能性を秘めているSNS、皆さんはどのように使っていますか?

【関連記事】

「【Facebook】高学歴者は恋人に対してより嫉妬深いことが調査で判明!」

「【男子ドン引き】LINEで「ウザッ」と思われる女子の特徴3つ」

「【要注意】好きな異性でも、こんな○○メールが来たらドン引きしちゃうランキング」

「こんな人は嫌われる?Facebookで正直ウンザリする友人の特徴5つ」

「○○しがちな女は嫌われる!SNSで痛いと感じる友人の特徴5つ」

※参考:gooランキング「ネットで演じたことのあるキャラランキング」

(ライター:時雨屋るこ