closet

あなたも気をつけて!Twitterアカウントが突然凍結してしまうかも

7月25日頃から大量のTwitterアカウントが凍結されています。これは日本だけではなく世界的に発生している現象のようで、海外ユーザーも驚きや疑問の声をツイートしてします。「身に覚えがないのに凍結された人がいる」「フォロー数とフォロワー数がごっそり減っている」というツイートが見受けられており、実際に筆者のTwitterアカウントでも20人近くのフォロワーが減っていました。

現在、公式からのお知らせもなく、どうしてこのような事態を引き起こしたのかは不明ですが、恐らくスパムアカウントへの対策強化ではないかと噂されています。

Baidu IME_2013-7-27_13-18-28

Twitter公式では、主に以下のようなものをスパム行為としてみなしています。

・短時間に多数のユーザーをフォローしたり、過剰にフォロワーを増減する
・フォロー・アンフォローを過剰に繰り返す
・フォローしている人数に比べて、フォロワーの人数が少なすぎる
・投稿されているツイートの殆どがリンクばかりである
・多くのユーザーにブロックされていたり、スパム通報されている
・ハッシュタグやトレンド、人気のトピックに対して関係のないツイートを複数投稿している
・同じ内容のリプライやツイートを過剰に投稿している
・他のユーザーのツイートを自分のものとして投稿している

通常の利用方法だったらこれらに該当することはないのですが、今回の凍結騒動ではより厳しい判定が下されているのかもしれません。

【関連記事】

「Facebook「退会しようかな…」と思ってしまうときの理由」

「LINE終了のデマがTwitterで拡散。なりすましアカウントにご注意!」

「【不気味】謎アカウントが日本人を無差別に大量リスト化しtwitterで話題に!個人情報抜き取りなどデマも広がる」

「驚愕!Facebookの投稿内容は人の顔よりも、記憶に残りやすいことが判明」

「気を付けて!Facebookで友達からの勝手なタグ付を防ぐ方法」

※画像:Twitter公式ヘルプページ

(ライター:時雨屋るこ