closet

【ネットの世界】60秒間でどのくらいWEBサービスが使われているかが分かる図

Twitter、Facebook、YouTube、Skypeなどなど。皆さんが毎日利用するインターネットサービスは多いですよね。それどころか、1日に何度もログインするサービスだってあるはず。

そこで今回は、デザイン、アート、文化やテクノロジー他、様々なクリエイティブ情報を発信する海外サイト「TAXI」に掲載された、とても興味深いグラフ図をご紹介します。

■有名ウェブサービスは、60秒間でこれだけ使われている!

online in 60seconds

この円グラフによると、Googleでの検索数は200万、YouTubeへの動画アップロードは72時間、e-mailは2億400万通、そしてFacebookには毎分180万「いいね!」が押され、毎秒4万1000もの投稿がされているのだそう。

Twitterのつぶやきは27,8万ツイートされ

何だか桁外れの数字になっていますが、確かに仕事中はメールが飛び交い、分からないことは検索しまくり、ちょっと手が空いたらFacebookを見るという1日のネットサイクルがあるような気がするのは筆者だけではないはず。こんな人間が世界中に存在しているのだと思うと、これだけの数字になるのも納得です。

もはや、私たちの生活にはなくてはならないインフラのようなもの。今後もしっかり活躍していただきましょう!

【関連記事】

「【Facebook】私の心が狭いの?うざすぎる投稿3選」

「【怖いけど試したい】Facebookであなたを友達から削除した人物を知る方法」

「あなたのメールは大丈夫?意中のカレをドン引きさせてしまう○○メールTOP5」

「メールやLINEで気を付けて!男性に嫌われる○○な女ランキングTop5」

「【LINEヤバい】10代のLINE利用率は90%!女性のLINE利用率が高いことが判明」

【参考】

Infographic: The Amount Of Online Activity That Goes On Every 60 Seconds – TAXI

(ライター:きつたなお)