closet

日本発祥の「Emoji」がアメリカで人気!ケイティ・ペリーの新作MVにも登場

スマホの台頭により、最近は顔文字に勢いを押されつつある絵文字。「絵文字を使う人はオバサン!? 10~20代は顔文字派が多いことが判明」でも、顔文字を利用する若者が多いと紹介しました。しかし、アメリカでは逆に「絵文字」が定着しつつあるのだとか……。

katy1

アメリカを代表する人気シンガーソングライター、ケイティ・ペリー(Katy Perry)の新曲「Roar」も、絵文字を使ったユニークなMV(ミュージックビデオ)で話題を呼んでいます。

彼女は、ダウンロード含め世界累計シングル売上が3,500万枚、日本でもオリコン洋楽ランキング1位を獲得する超人気アーティスト。MVも8月12日にYouTubeにアップされてから、すでに約1,600万回再生されています(8月21日現在)。

今回公開されたのは「リリック・ビデオ」(Lyric=歌詞)と呼ばれる、歌詞を曲と一緒に表示するMV。正式なMVが発表されるまでの仮作品として、アメリカではここ数年、先に「リリック・ビデオ」が発表されることが多くなっています。

「Roar」では、チャットアプリ風の画面に歌詞が延々映しだされていますね。iPhoneの絵文字を巧みに使いながら歌詞を表現していておもしろい! ちなみに、iPhoneを操作する手はケイティ・ペリー自身だそうですよ。

katy3

もともと絵文字は日本発祥。いわゆるガラケー時代に、ひとつのガラパコス文化として発展しました。アメリカで広まったきっかけは、2011年にiPhoneに絵文字機能が搭載されたこと。今では「Sushi」「Tsunami」と同じように、英語でも「Emoji」 で通じるのだそう。

日本生まれの機能が、海外でも浸透しつつあるとはうれしいですね。これからは、海外で作られた絵文字が日本に逆輸入される……なんてこともあるかも?

 

【関連記事】

「絵文字顔文字だけじゃない!『LINE』で送るメッセージがもっとかわいくなるアプリ」

「ありきたりの顔文字にサヨナラ!芸能人顔文字アプリが登場」

「SNSのプロフ写真にお困りの方はこちらがオススメ!」

 

【画像引用】

http://www.universal-music.co.jp/katy-perry/biography/

 

【参考】

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013082000068

(ライター:らいら