closet

冷蔵庫に入った写真が撮りたい?その願望をかなえるアプリ

ここしばらくの間、Twitterなどで「冷蔵庫にバイトの人が入った写真」「バイトがピザ記事を顔面に貼り付けた写真」など、いわゆる悪ふざけ画像が騒ぎになっていました。

やってしまう側からすれば、「別に大したことはないだろう」「ちょっとした騒ぎで面白い」なんて思ってしまう部分があるのかもしれませんが、これが元で閉店することになった店舗もありますし、商品交換や店内洗浄など、損害は決して小さなものではありません。

また、個人を特定されて罰則を受けたり、その後の人生を左右しかねない部分もあるでしょう。

『脳には妙なクセがある』という 池谷裕二さんの著作に「人間はダメと言われて止めたことには、よりいっそう興味を抱く。それが同じことでも、自分からやめた場合は割とすんなり興味を失う」というような内容のことが書かれてありました。

確かに、「迷惑をかけるからダメ」「悪いことだからダメ」と言うのは、おそらくこういうことをする人もわかっているのでしょう。でも、騒がれているから興味がわいてしまうのかもしれません。

つまり、「そんなことばかばかしい」「だから、やめた」と思えるようになれば、自然とそういうことをする人も減るのではないでしょうか。そこで今回はこんなアプリをご紹介します。

『冷蔵庫カメラ』

こちらは、実際に冷蔵庫に入っているような写真を撮ることができるアプリです。

冷蔵庫カメラ 冷蔵庫2

残念ながら現在はAndroid版のみのようなのですが、レビューを見てみるとなかなかの高評価。冷蔵庫に入らなくても、実際に入っているかのような合成写真を撮ることができます。

「代償行動」という言葉があります。

だいしょうこうどう【代償行動】

〘心〙 ある目標へ到達することが不可能になったとき,代わりの満足を得るためにもとの目標に類似した別の目標に向かって行われる行動。<コトバンクより>

 

どうしても冷蔵庫に入って写真を撮りたい。UPしたい。そんな欲求は、こちらで解消してみてはいかがでしょうか。

■ GooglePlayでダウンロード

【関連記事】

Twitterで増え続けている「炎上」のナゾと気を付けたいマナー4つ

実名じゃなくても気を付けたい「ソーシャル炎上対策」とは?

「SNSで流行中!?パーフェクトボディを披露するイケメンセレブたち」

「あなたの周りにもいるかも?“SNSかまってちゃん”の実態」

【参考】

※ 池谷裕二 (2012) 『脳には妙なクセがある』 (扶桑社)

(ライター:ぬこ/イチカロッカ)