closet

被害再現がリアルで怖すぎる『スマホにひそむ危険 疑似体験アプリ』

今や高校一年生のスマホ所有率が84%に達し、未成年でも手軽にインターネットを利用できる便利な時代が到来しました。と同時に、twitterの炎上騒ぎのように問題を起こしたり、『LINE』で女子中高生が性犯罪被害に巻き込まれたりと、青少年のインターネット・リテラシーが問題視されています。

「グラフ化してみる」ジャーナブロガーの不破雷蔵さんは、スマホの普及率の割に十分な啓蒙活動がなされていないこの現状を、<無免許の高校生が自動車を運転するようなもの>とたとえています。

20130905lyra06

そこで今回は、実際にこれまで起きた事件をもとにストーリーが作られた『スマホにひそむ危険 疑似体験アプリ』で、スマホやネットの危険性について学んでみました。青少年だけでなく、子供たちの親御さん、最近デビューしたスマホ初心者の方にもオススメのアプリです!

20130905lyra07

アプリをダウンロード後、トップの「疑似体験スタート」を選ぶと、4つの疑似体験メニューが現れます。「出会い系被害」「個人情報漏えい」「高額請求」「ネットいじめ」と、どれも世間をにぎわせている事例ばかり。今回は女性が気をつけたい「出会い系被害」を取り上げます。

20130905lyra08

「ある日のこと 仲良しの2人が無料メッセージアプリの話をしていました」

20130905lyra09

主人公の「あつこ」は友だちの「いずみ」に勧められ、ID交換掲示板を利用します。さっそく話の合いそうな男性を見つけ、メッセージアプリを使ってやりとりをします。メッセージが届くたびに、実際に着信音が鳴るのでリアリティー満載です!

20130905lyra10

仲良くなった男性「なおき」は、あつこに実際に会うよう執拗に誘います。はじめは嫌がっていたあつこも、好きな車の話題に乗せられ、誘いを断りきれずに「会うだけなら」と約束を取り付けてしまいました。なおきは考えます。

20130905lyra11

「よし!!いろいろ準備しないと。睡眠薬も必要だな・・・」

20130905lyra13

当日なおきに会ったあつこは、一抹の不安を抱えつつも車に乗り込みます。「外は暑かったろ」とジュースを渡され、それを飲んでしまうあつこ。しかし急に睡魔が襲い……。意識を失いながら目にしたのは、なおきの不敵な笑みでした。ここ、演出怖すぎです。

20130905lyra14

結局、あつこはなおきに乱暴されてしまいました。「あなたのお子さまは知らない人に会っていませんか?」と投げかけられ、疑似体験は終了します。

20130905lyra15

「おすすめ対策へ」を選択すると、あつこのようにならないための予防策を読むことができます。知らない人に会わないことはもちろん、フィルタリング機能の活用方法など基本的な対策も掲載されているので、親子で一緒に読むことをおすすめします。

残りの疑似体験もすべて試しましたが、どれも自分や家族の身にいつ起きてもおかしくない事例ばかり。さらにサウンドやアニメーションを使った演出により、まさに自分が危険に巻き込まれているような感覚を味わえるので、背筋がゾッとしますよ。

今一度、アプリでスマホの危険性について再確認してみてはいかがでしょうか。

■ AppStoreでダウンロード

■ GooglePlayでダウンロード

【参考】

「高一スマホ保有率84%」の衝撃 – Yahoo!ニュース

【関連記事】

Twitterで増え続けている「炎上」のナゾと気を付けたいマナー4つ

iPhoneが熱くなったらどうする?正しい対処法をアップルストアのお姉さんに聞いてみた

Instagram関連の使えるサービス総まとめ

【iPhone小技】電話に出れない場合、すぐに「出れません」SMSを送るワザ

冷蔵庫に入った写真が撮りたい?その願望をかなえるアプリ

(ライター:らいら