closet

マイクロソフトが最低200ドルでiPadを買い取るキャンペーン開始

iPhone同様に愛用者が多い端末といえば、「iPad」。各メーカーから様々なタブレットが販売されていますが、依然根強い人気を誇っています。

そんな背景からか、米・マイクロソフト社が斬新なキャンペーンを開始しました。なんと、今持っているiPad(2、3、4のいずれか)をマイクロソフト社に下取りに出すと、最低200ドルの店頭クーポンがもらえるというもの。

でも、iPadがなくなってしまったら、当然新しいタブレットが欲しいですよね。そこで、この200ドルのクーポン券を使って、同社が販売するタブレット端末「Surface」を買ってくれ! という取り組みなのです。

何でも、マイクロソフト社は「Surface」の在庫を相当抱えてしまっているよう。そこで、新製品を発表する前に、売れ残った「Surface」を手っ取り早く売りさばいてしまおうという魂胆なのです。

ちなみに、キャンペーン期間は10月27日まで。そして新品「Surface」のお値段は349ドル。ということは、差額の149ドルで新品タブレットが手に入るというわけなんですね。

残念ながら、米国内のみでのキャンペーンなので、国内の「Surface」取扱店にiPadを持って行ってもクーポン券はもらえません。皆さんなら中古だけど人気のiPadと、新品のSurfaceどちらを選びますか?

【関連記事】

88台のSurface RTがピアノに。アイディア溢れる動画が楽しい!

キットカットを購入して「Google Nexus7」や「Google Play」をもらっちゃおう!

超近未来的!家中がスクリーンになった「iPadハウス」が登場!

客に超セレブなiPadを貸し出しているホテルがあるらしい

まさに神業!iPadで絵を描く日本人アーティストがすごすぎる

【参考】

Give Microsoft Your iPad, And They’ll (All But) Give You A Surface – TechCrunch

(ライター:きつたなお)