closet

【iOS7新機能】標準カメラアプリのシャッター長押しで連写撮影が可能

今回リリースされた「iOS7」にアップデートすると、ついにiPhone標準カメラアプリでも連写モードを楽しめるようになりました。動き回る小さなお子さんやスポーツシーンで活躍すること間違いなしです。

そこで今回は、連写撮影ができる「バーストモード」の基本的な使い方をご紹介します!

■シャッターを長押しするだけで「連写モード」になる!

写真

使い方はとっても簡単。カメラアプリを起動して、シャッターを長押しするだけで、簡単に連写できちゃいます。撮影した写真の枚数も表示してくれるので、とっても便利ですね。シャッターボタンを押している間は、ずっと連写し続けるので注意してください。

気になる連写のスピードですが、iPhone5sは“1秒間に10枚”と言われています。それ以前の端末やiPad、iPod touchなどは、若干スピードが遅いように感じますが、不満はありませんよ。

■撮影した写真を1枚ずつチェック&保存する方法

撮影した写真は、写真アプリでチェックできます。バーストモードで撮った写真は、サムネイルが重なっているので、すぐに分かるはずです。下にある「よく使う項目を選択」をタップし、1枚1枚確認してみましょう。

とっておきの写真が見つかったら、「よく使う項目を選択」→複数の写真をチェック→完了を押せば、カメラロールに写真を保存できます。

撮影中の枚数の表示やサムネイルの表示は、iPhone5sの場合のみです。その他のデバイスを使用している方も連写を楽しむことはできますので、ぜひ利用してみてください。

いかがでしたか? この機能を使って、お子さんやペット、スポーツシーンなどで素敵な写真を撮ってみてくださいね!

【関連記事】

iPhoneに魔法をかける?!手をかざすだけで写真を共有できるアプリが凄い!

趣味のレベルを超えている!俳優・時任三郎さんの写真がプロすぎると話題に

冷蔵庫に入った写真が撮りたい?その願望をかなえるアプリ

【高機能Androidアプリ】パラパラ漫画みたいに動くフォトブックを作っちゃおう!

え……ホント!? 10人に1人が隠し撮りをしたことがあるという調査結果

(参考:http://wayohoo.com/ios/beginners/burst-mode-of-camera-app.html)