closet

まだまだガラケー主流!日本のスマホ普及率はわずか25%

Googleは、スマートフォンの利用に関する大規模調査「Our Mobile Planet」の2013年版データを公開しました。今回で3回目となるこの調査は、2011年からスタート。対象国は26ヶ国から48ヶ国に増え、東南アジアや東ヨーロッパなどの先進国も比較の対象になりました。

■日本はまだまだガラケーが主流!スマホ普及率はわずか25%

 

日本のスマホ普及率を見てみると、2011年は6%だった普及率が、2013年には25%までに拡大。ところが、もっとも普及率が高かった韓国73%をはじめ、主要各国と比べると日本は依然としてガラケーが主流という実態が浮き彫りになりました。

■「ながら利用」は87%! テレビよりスマホが大事と答えた人は3人に1人!

ourmobileplanet.com_chart_b8e6436d

しかし不思議なことに、これを利用頻度で見た場合、たとえばテレビ視聴時の同時利用率は58%と、他国の利用率(米国53%、韓国47%)に比べて高い、という結果が出たのです。また、テレビよりスマホが大事、という人が34%もいることがわかりました。その他スマホを使いながら何かをするという「ながら利用」は実に87%が経験しているようです。

■有料アプリのインストール数は世界最多の平均18個!

ourmobileplanet.com_chart_f3aced74

さらに、有料アプリのインストール数が世界でもっとも多い、という結果も得られました。インストールしているアプリの平均数が36個だったのに対して、有料アプリの平均は18個。日本は他の国に比べて課金のハードルが低いと言えるかもしれません。

たしかに電車に乗っていても、スマホで音楽を聴いていたり、調べ物をしている人をよく見かけますよね。ガラケーよりもネット検索が便利だったり、動画閲覧やアプリも充実していることから、空き時間をスマホに充てるというのも納得感があります。

スマホの普及が進んで、いつかガラケーはなくなってしまう……と騒がれている昨今ですが、世界レベルで見ると普及率はまだ伸び悩んでいる日本のスマホ事情。その一方でスマホを駆使して積極的に情報収集や情報発信を行っている人たちも確実にいます。みなさんはこのデータ結果を見て、なにを考えるでしょうか?

【関連記事】

炎上ネタを投稿したことがある人は6.2%も!なぜ炎上ツイート止まらない?

優先席付近での「電源オフ」はもう必要なくなるかも?そのワケとは

【浮気バレ注意?】iPhone 5sの指紋認証、「偽の指」で突破できることが判明

ちゃんと理解してる?インターネットに関する意識調査&リスク回避策3つ

5人に1人が浮気バトル勃発!? Facebookを使って恋人の浮気を見破る方法3つ

【関連記事】

Our Mobile Planet

Google がスマートフォン大規模調査を実施、日本は普及率低いが利用は活発 – インターネットコム

(ライター:柚木深つばさ)