closet

【Androidユーザー必見】LINEの年齢認証が失敗してしまう時の対策法

Screenshot_2013-10-08-14-06-58

LINEでID検索したところ、「年齢認証してください」という画面がAndroidで表示されるようになりました。しかし、ドコモのAndroid端末では年齢認証がうまくいかない! というトラブルが多発しているもよう。

実は、ドコモでは2013年9月からLINEの年齢認証に向けて「年齢判定サービス」を開始したそうなんですが、これが手続きに一癖あるんです……。

年齢判定機能をご利用いただくにあたっては、以下の手続きが必要です。

1.ドコモショップ等で利用者情報を登録
2.年齢制限のあるコンテンツを利用する際に表示される許諾画面で「通知する」を選択

利用方法に「1、ドコモショップ等で利用者情報を登録」とありますよね? これを知らないで先にLINEで年齢認証の手続きをしようとする方が非常に多いんです。わざわざショップに足を運ばないといけないなんて面倒だと思われるかもしれませんが、ここには表記がないだけでドコモ端末から「151」に電話することでも解決します。

■まずは151に電話して情報を登録しよう

利用者が契約者本人である場合に限り、151に電話するだけで利用者登録ができます。その際にネットワーク暗証番号を聞かれるので思い出しておきましょう。「0、その他のお問い合わせ」からオペレーターにつなぎ、登録したい旨を伝えると契約者情報の確認や提供情報の内容などの説明があり、電話を切って数分で年齢判定サービスの登録が終わります。なお、ドコモショップに直接行く方は本人確認書類を忘れずに!

■年齢認証でLINE通知完了!

Screenshot_2013-10-08-14-43-38

ドコモに情報を登録したら、LINEの年齢認証です。「年齢認証する」をタップすると、「docomoログイン」の画面に変わります。ログインに成功して専用ページに飛ぶと、「ドコモの年齢判定機能を利用し、判定結果をLINEに通知しますか?」という表示が出ます。「通知する」を選ぶことで無事に操作は完了です。

いかがでしたか? LINEの年齢認証ができなくて困ってるというかたは、ぜひ試してみてくださいね。

【関連記事】

【限定スタンプもらえる!】スタンプ購入に使える「LINEプリペイドカード」がコンビニで発売開始。

【LINE】「友だち削除機能」!ブロックとの違いは?

あなたもやってない?男性にイラッとされるLINEでやりがちな行動5つ

iOS7アップデート後、LINEが落ちまくる不具合を解消する裏ワザ

【LINE】機種変更後でもトーク履歴が消えない裏ワザ

【参考】

LINE公式ブログ

ドコモ公式HP – CGMコンテンツ提供会社に対する年齢判定情報の提供を開始

docomoの年齢認証に失敗する原因と対策 – 情報科学屋さんを目指す人のメモ